ようこそ乾・岡崎研究室へ / Welcome to Communication Science Laboratory (Inui-Okazaki Lab)

情報伝達のための最も重要なメディアは、日本語や英語など、誰もが日常で使っている人間のための言語(ことば)です。人が話すこうした言語を、情報科学ではプログラミング言語などの形式言語と区別して「自然言語」と呼びます。本研究室では、自然言語で表現され、伝達され、蓄積される情報や人の知識をコンピュータで処理するための基礎理論、基盤技術、応用技術に関する研究を行っています。自然言語処理(natural language processing)、人工知能(artificial intelligence)、知識情報処理(knowledge processing)、計算言語学(computational linguistics)、コミュニケーション科学(communication science)などの領域が我々のフィールドです。詳しくはこちら(研究内容のページ)。見学も常時承っています(いつでも見学会)。

The most important means for communication are the languages that we use everyday, like Japanese and English. In this lab, we conduct research in the following areas: (i) theoretical research to clarify and model the mechanism of communication, namely, what it means to understand language and the conditions that make communication possible (ii) Natural Language Processing research on the development of software that automatically processes the information and knowledge that is represented and transmitted in language; and (iii) applied research supporting intelligent communication or information analysis for the benefit of mankind. We approach an understanding of human intelligence from the perspective of natural language. More info (Research Topics). For those wishing to visit the laboratory, please contact us.

ニュース / News

2016.8.1 MiCS (みちのく情報伝達学セミナー) : 上垣外英剛氏、菊池悠太氏 ご講演

東京工業大学の上垣外英剛氏、菊池悠太氏にお越しいただき、「単語アライメントを主軸とした句に基づく統計的機械翻訳入門」、「Encoder-Decoder モデルにおける出力長制御」についてご講演いただきました。(みちのく情報伝達学セミナー

160801_kami.jpg 160801_kiku.jpg

2016.7.30 EMNLP 2016 採択

Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP 2016)に次の論文が採択されました

The following paper has been accepted to the Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP 2016).

  • Sho Takase, Jun Suzuki, Naoaki Okazaki, Tsutomu Hirao and Masaaki Nagata. Neural Headline Generation on Abstractive Meaning Representation.

2016.7.27-28 オープンキャンパスが開催されました / Open Campus

7月27日-28日の二日間、入学希望者や地域の方々を対象にしたオープンキャンパスが開催されました。乾・岡崎研究室では、研究成果のデモンストレーションやパネル展示をおこないました。

Open campus was recently held for two days (7/27 and 7/28) for students. During this time, Inui-Okazaki laboratory held various demonstrations which captivated almost every student who visited.

160729_oc_1.jpg 160729_oc_2.jpg

2016.7.26 MiCS (みちのく情報伝達学セミナー) : 於保淳氏、矢野雅貴氏 ご講演

東北大学 心理言語学研究室の於保淳氏、矢野雅貴氏にお越しいただき、否定極性疑問文のバイアス、脳波に基づく語順選好性の分析についてご講演いただきました。(みちのく情報伝達学セミナー

160726_oho.jpg 160726_yano.jpg

2016.7.19 MiCS (みちのく情報伝達学セミナー) : Long Duong 氏 ご講演

University of Melbourne の Long Duong 氏にお越しいただき、言語横断的な単語分散表現の学習についてご講演いただきました。(みちのく情報伝達学セミナー

160719_duong.jpg

2016.6.9 第30回人工知能学会全国大会

人工知能学会第30回全国大会 (JSAI2016) において、下記の発表を行いました。

  • 珊瑚 彩主紀, 松田 耕史, 岡崎 直観, 乾 健太郎. ツイート中の地理情報に対する時間的極性の自動推定.
  • 渡邉 研斗, 松林 優一郎, 乾 健太郎, 深山 覚, 中野 倫靖, 後藤 真孝. ストーリー展開と一貫性を同時に考慮した歌詞生成モデル.
  • 佐藤 祥多, 井之上 直也, 乾 健太郎, 渡部 生聖, 樋口 佐和. 因果関係に基づく雑談対話発話生成の試み.
  • 高橋 諒, 井之上 直也, 栗谷 康隆, 山本 風人, 乾 健太郎. 交通オントロジーと説明生成に基づく交通危険予測.

The presentations below were given at the 30th National Meeting of The Japanese Society for Artificial Intelligence (JSAI 2016)

  • Mizuki Sango, Koji Matsuda, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui. ツイート中の地理情報に対する時間的極性の自動推定.
  • Kento Watanabe, Yuiichiro Matsubayashi, Kentaro Inui, Satoru Fukayama, Tomoyasu Nakano, Masataka Goto.ストーリー展開と一貫性を同時に考慮した歌詞生成モデル.
  • Shota Sato, Naoya Inoue, Kentaro Inui, Narimasa Watanabe, Sawa Higuchi. 因果関係に基づく雑談対話発話生成の試み.
  • Ryo Takahashi, Naoya Inoue, Yasutaka Kuriya, Kazeto Yamamoto, Kentaro Inui. 交通オントロジーと説明生成に基づく交通危険予測.

160614_jsai_5.jpg 160614_jsai_1.jpg 160614_jsai_2.jpg 160614_jsai_4.jpg

また、研究特任助教田然による招待講演が行われました。

  • 田然, 岡崎直観, 乾健太郎. 関係代数の意味論に基づく含意関係認識.

A special talk was also given by Research Assistant Professor Ran Tian.

  • Ran Tian, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui. 関係代数の意味論に基づく含意関係認識.

160614_jsai_3.jpg

2016.6.9 MiCS (みちのく情報伝達学セミナー) : 徳久良子氏(豊田中央研究所)、樋口佐和氏(トヨタ自動車株式会社) ご講演

豊田中央研究所・徳久良子氏にお越しいただき、「これまでの対話研究とこれからの対話研究」についてご講演をいただきました。(みちのく情報伝達学セミナー

Ryoko Tokuhisa (TOYOTA CENTRAL R&D LABS., INC.) visited our laboratory to give a presentation on the past and future of Dialogue Systems.

160610_tokuhisa-san.jpg

また、トヨタ自動車株式会社・樋口佐和氏にお越しいただき、「パートナーロボット開発の状況と今後」についてご講演をいただきました。(みちのく情報伝達学セミナー

Also, Sawa Higuchi (Toyota Motor Corporation) visited our laboratory to give a presentation on The Current State and Future of Partner Robot Development.

160610_higuchi-san.jpg

2016.6.3 MiCS (みちのく情報伝達学セミナー) : Pontus Stenetorp 氏 ご講演

University College London (UCL) の Pontus Stenetorp 氏にお越しいただき、ゲームによる連想語の獲得についてご講演をいただきました。(みちのく情報伝達学セミナー

University College London (UCL)'s Pontus Stenetorp visited our laboratory and gave a lecture on Game Word Association Acquisition.

160603_pontus.jpg

2016.6.2 MiCS (みちのく情報伝達学セミナー) : 佐藤泰介氏 ご講演

産業技術総合研究所・人工知能研究センター佐藤泰介氏にお越しいただき、ベクトル空間における論理推論についてご講演をいただきました。(みちのく情報伝達学セミナー

160602_sato-sensei.jpg

2016.5.25 ACL 2016 採択

The 54th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2016)に次の論文が採択されました。

The following papers have been accepted to the 54th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2016).

  • Sho Takase, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Composing Distributed Representations of Relational Patterns.
  • Ran Tian, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Learning Semantically and Additively Compositional Distributional Representations.

ACL 2016 Student Research Workshopにも次の論文が採択されました。

  • Davaajav Jargalsaikhan, Naoaki Okazaki, Koji Matsuda and Kentaro Inui. Building a Corpus for Japanese Wikification with Fine-Grained Entity Classes.

2016.4.20 平成28年度 科学技術分野 文部科学大臣表彰 若手科学者賞

岡崎直観准教授が、「平成28年度 科学技術分野 文部科学大臣表彰 若手科学者賞」を受賞しました。おめでとうございます!

160421_okazaki-san_0.jpg 160421_okazaki-san_1.jpg

2016.4.16 新歓バーベキュー

新B4・M1の歓迎会を兼ねて、河原バーベキューを行いました。乾・岡崎研へようこそ!

160419_hanami_0.jpg 160419_hanami_1.jpg 160419_hanami_2.jpg

2016.4.1 NAACL-HLT 2016 採択

The 15th Annual Conference of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics: Human Language Technologies (NAACL-HLT 2016) に次の論文が採択されました。

The following papers have been accepted to the 15th Annual Conference of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics: Human Language Technologies (NAACL-HLT 2016).

  • Sosuke Kobayashi, Ran Tian, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Dynamic Entity Representation with Max-pooling Improves Machine Reading.
  • Tomoya Mizumoto and Yuji Matsumoto. Discriminative Reranking for Grammatical Error Correction with Statistical Machine Translation.

2016.3.25 工学部長受賞

佐藤祥多が東北大学工学部長賞を受賞しました。おめでとうございます!

160329_sato.jpg

2016.3.25 学位記授与式

ご卒業おめでとうございます!

gakuiki20160325.jpg

2016.3.24 追い出しコンパ

卒業され、研究室を去って行かれる方々、おめでとうございます。 益々のご活躍を祈念致します。

160413_oikon.jpg

2016.3.12 情報処理学会東北支部学生奨励賞受賞

鈴木正敏が情報処理学会東北支部学生奨励賞を受賞しました。

160323_suzuki_sm.jpg 160323_suzuki_sj.jpg

2016.3.10 言語処理学会第22回年次大会最優秀発表賞 / 優秀発表賞

  • Masayuki Ono has received an award for most outstanding presentation at the 22nd Annual NLP conference for his work below:
    • Masayuki Ono, Naoya Inoue, Yuichiro Matsubayashi, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui. 分散表現による文脈情報を用いた選択選好モデル.
  • Sosuke Kobayashi has received an award for outstanding presentation at the 22nd Annual NLP conference for his work below:
    • Sosuke Kobayashi, Ran Tian, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui. 談話内における局所文脈の動的分散表現.

160323_awa_ono.jpg 160323_awa_koba.jpg

160322_ono.jpg 160322_koba.jpg

2016.3.10 第22回言語処理学会年次大会 (NLP2016) の大会実行委員会を担当しました

第22回言語処理学会年次大会の現地実行委員として、大会運営に携わりました。乾大会実行委員長を始めとして、大会がスムースに進むよう、また、仙台を楽しんでいただけるよう、最大限努力いたしました。おかげさまで、大きなトラブルもなく無事に現地実行委員としての仕事を終えることができました。ご支援・ご協力ありがとうございました。

160323_nlp2016_01.jpg 160323_nlp2016_03.jpg 160323_nlp2016_04.jpg

2016.3.10 日本語Wikificationコーパス

日本語Wikificationコーパス の公開を開始しました。エンティティ・リンキング / Wikification 関連の研究開発に積極的にご利用ください。

2016.3.8 第22回言語処理学会年次大会 (NLP2016) @東北大学 川内キャンパスにて研究発表をいたします

本研究室からは、以下の発表が予定されています。

  • 3月8日 (火) 17:00-18:20 B201
    • C2-2 利用物に関する知識のコーパスアノテーション. 上村明衣, 折田奈甫, 岡崎直観, 乾健太郎
  • 3月9日 (水) 13:40-15:20 B204
    • D3-4 画像説明文生成に向けた物体間の関係の認識. 村岡雅康, Sumit Maharjan, 齋藤真樹, 山口光太, 岡崎直観, 岡谷貴之, 乾健太郎
  • 3月10日 (木) 9:00-10:20 C200
    • A5-1 日本語 Wikification コーパスの構築に向けて. Davaajav Jargalsaikhan, 岡崎直観, 松田耕史, 乾健太郎
    • A5-2 Wikipedia 記事に対する拡張固有表現ラベルの多重付与. 鈴木正敏, 松田耕史, 関根聡 (ランゲージ・クラフト), 岡崎直観, 乾健太郎
  • 3月10日 (木) 9:00-10:20 B200
    • B5-4 An Ontology for Question-Answering on Minecraft. Dumont Corentin, 田然, 乾健太郎
  • 3月10日 (木) 10:40-12:20 C200
    • A6-4 分散表現による文脈情報を用いた選択選好モデル. 大野雅之, 井之上直也, 松林優一郎, 岡崎直観, 乾健太郎
    • A6-5 感情状態に基づく因果関係推論の一般化. 井之上直也, 岡崎直観, 乾健太郎
  • 3月10日 (木) 16:30-18:10 C200
    • A7-5 談話内における局所文脈の動的分散表現. 小林颯介, 田然, 岡崎直観, 乾健太郎

2016.3.6 東中竜一郎氏,船越孝太郎氏 ご講演

日本電信電話(株) の東中竜一郎氏、(株)ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパンの船越孝太郎氏が研究室を訪問され、「対話システムの理論と実践」についてご講演いただきました。

160322_higashinaka_01.jpg 160322_higashinaka_02.jpg

2016.2.19 成田和弥の博士論文本審査会が行われました

研究室メンバーに見守られる中、成田和弥の博士論文本審査会(発表50分、試問35分)が行われました。学部4年から博士後期課程3年までの6年間の研究の集大成がまとめられた、濃い85分間でした。成田さん、おつかれさまでした!

2016.2.10 MiCS (みちのく情報伝達学セミナー) : A9.com 様ご講演

A9.com (Amazon) の藤沼祥成氏、Johannes Goller氏、David Evans氏、辻野孝輔氏にお越しいただき、Amazon における自然言語処理についてご講演をいただきました。(みちのく情報伝達学セミナー

160210_DSC02063.JPG

2016.1.29 創造工学研修最終成果報告会

半年間行ってきた平成27年度創造工学研修『自然言語処理で人の「知」にせまる』の最終成果報告会が開催されました。絵文字の分布意味論というテーマに関連して、学部1年生に各々の分析の成果を発表していただきました。

2015 Team-based Engineering Design Course: Final Result Presentation for a person's wisdom by natural language processing was recently presented.

sozo2015_DSC02031.JPG

2016.1.22 第225回自然言語処理研究会・優秀研究賞を受賞 / 225th IPSJ Natural Language Processing Meeting: Outstanding Research Award

大野雅之 (M2)、井之上直也助教、松林優一郎特任助教、岡崎直観准教授、乾健太郎教授による以下の研究が 第225回自然言語処理研究会 で発表され、「優秀研究賞」を受賞しました。

  • 大野雅之, 井之上直也, 松林優一郎, 岡崎直観, 乾健太郎. 分散表現に基づく選択選好モデルの文脈化. 情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告, Vol.2016-NL-225, No.1, pp.1-9, 2016.

The following research by (大野雅之さん (M2)、井之上直也助教、松林優一郎特任助教、岡崎直観准教授、乾健太郎教授) 225th IPSJ Natural Language Processing Meeting has been award with the Outstanding Research Award:

  • 大野雅之, 井之上直也, 松林優一郎, 岡崎直観, 乾健太郎. 分散表現に基づく選択選好モデルの文脈化. 情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告, Vol.2016-NL-225, No.1, pp.1-9, 2016.

160323_ono_nl225_sm.JPG

2016.1.21 山本風人の博士論文本審査会が行われました / D3 Yamamoto's PhD Defense

研究室メンバーに見守られる中、山本風人の博士論文本審査会(発表50分、試問35分)が行われました。学部4年から博士後期課程3年までの6年間の研究の集大成がまとめられた、濃い85分間でした。山本さん、おつかれさまでした!

Kazeto Yamamoto (D3) recently had his PhD defense which included a compilation of his fascinating work over his academic career. The presentation, which was viewed by our laboratory members as well, lasted 50 minutes, and was followed by a 35 minute examination. We wish you the best, Kazeto!

160121_IMG_5612.JPG

2016.1.19 新入生歓迎会 / Newcomer Welcome Party

研究室ゼミ室にて、4月より新しく配属される学部3年生の歓迎会が行われました。豪華な食事と飲み物が振る舞われ、歓迎会は大盛り上がりでした。新たに配属される、赤間 怜奈さん、浅野 広樹さん、清野 舜さん、佐々木 翔大さん、塙 一晃さん、研究室での活躍を期待しています。

Our laboratory just held its annual, luxurious newcomer welcome party for those joining our laboratory in April.

160120_P1080474.JPG 160120_P1080503.JPG 160120_P1080545.JPG

2016.1.4 研究室、冬季休業開け〜論文シーズン到来

昨年は、多くの方から色々とご教示ご鞭撻を賜り、研究室一同心から感謝いたします。 研究室は、論文シーズンの到来(NAACL 1/6, 言語処理学会年次大会 1/13, IJCAI 2/2, etc.)もあり、少々慌ただしくも、みんな楽しげにワイワイやっております。 乾・岡崎研は、今年もさらなる飛躍を目指して、挑戦を続けていきます。 ご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

2015.12.20-21 卒論中間報告会が開催されました

2日間に渡って卒論中間報告会が開催され、B4 のみなさん(佐藤祥太、高橋諒、上村明衣、鈴木正敏)と B3(ジャルガルサイハン ダワージャブ)が、これまでの研究の進捗状況と今後のプランを報告しました。会場では、諸先輩方から暖かくも鋭いコメントが飛び交っていました。みなさんの今後の研究の進展に期待です。

160108_DSC09352.jpg 160108_DSC09370.jpg 160108_DSC09374.jpg

2015.12.12 クリスマスパーティーが開催されました / Christmas Party

乾・岡崎研クリスマスパーティー(兼、ちょっと早めの忘年会)が開催されました。

160105_DSC09289.jpg 160105_DSC09251.jpg

研究室からは下記の人たちが演奏・歌などを披露し、会場を沸かせました。

  • 成田技術補佐員によるピアノ演奏
  • ゼンさん(M1)、周さん(D3)によるギター演奏・歌「君をのせて」
  • 井之上助教夫妻によるギター演奏・歌「明日があるさ」
  • 折田特任助教、上村さん(B4)、ダワさん(B3)、Diana さん(研究生)によるクリスマスソングメドレー

2015.11.28 電気系駅伝大会が開催されました / Annual Relay Race

恒例の駅伝大会が開催され、32位という結果でした。駅伝後には、恒例のおでんパーティーも行いました。

The annual relay race was recently held and Inui-Okazaki laboratory ranked 32nd. After the relay race, our annual oden party was held.

151128_ekiden1.JPG 151128_ekiden2.JPG 151128_ekiden3.JPG

2015.11.19 MiCS (みちのく情報伝達学セミナー) : 賀沢秀人氏 ご講演

Google の賀沢秀人氏にお越しいただき、Google における自然言語処理、画像処理、機械学習についてご講演をいただきました。(みちのく情報伝達学セミナー

151120_kazawa-san.jpg

2015.11.19 RECRUIT CHALLENGE FOR STUDENT 3位入賞

佐々木彬が、学生向けデータ分析コンペ RECRUIT CHALLENGE FOR STUDENT にて、3位に入賞しました (2015.10.30)。(研究室メンバーの受賞歴

151119_sasaki_recruit_1.jpg 151119_sasaki_recruit_2.jpg

2015.11.12 MiCS (みちのく情報伝達学セミナー) : 海野裕也氏 ご講演

Preferred Infrastructure の 海野裕也氏にお越しいただき、 「Deep Learning の基礎と最新動向 自然言語処理への応用」についてご講演をいただきました。(みちのく情報伝達学セミナー

151112_DSC01911.jpg

2015.11.1 PACLIC-29 Best Paper Award

小松広弥、田然特任助教、岡崎直観准教授、乾健太郎教授による以下の論文がPACLIC-29 Best Paper Award (Computation) を受賞しました。(研究室メンバーの受賞歴

The paper written by Hiroya Komatsu, Ran Tian, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui received the best paper award for computation of PACLIC-29. (Award History)

Hiroya Komatsu, Ran Tian, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Reducing Lexical features in Parsing by Word Embeddings. In Proceedings of The 29th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC-29)

paclic29_1.jpg paclic29_2.jpg

2015.10.24 井之上助教、ご結婚おめでとうございます!

151111_wedding_inoue.jpg

2015.10.15 芋煮会

芋煮会を行いました。秋の味覚を肴に、話に花を咲かせました。50名近くという過去最大規模の芋煮会となりました。

normal_imoni2015-11-re.jpg normal_imoni2015-29-re.jpg normal_imoni2015-3-re.jpg

2015.10.1 新しいメンバーが加わりました / New members

田島裕一郎さん(NECソリューションイノベータ)、Diana Galvan さん (research student)、冉 文昇さん (M1)、菅原真由美さん(事務補佐員)が新しく研究室メンバーに加わりました。

2015.9.28 ドコモ・モバイル・サイエンス賞

乾健太郎教授と岡崎直観准教授がドコモ・モバイル・サイエンス賞の先端技術部門優秀賞を受賞しました。

151104_docomo_001.jpg 151104_docomo_002.jpg

2015.9.12 PACLIC 採択

The 29th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computing (PACLIC 2015) に,小松広弥主著の論文,高瀬翔主著の論文,水野淳太研究員主著の論文がそれぞれ採択されました。

The following papers have been accepted to the 29th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computing (PACLIC 2015).

  • Hiroya Komatsu, Ran Tian, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Reducing Lexical features in Parsing by Word Embeddings.
  • Sho Takase, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Fast and Large-scale Unsupervised Relation Extraction.
  • Junta Mizuno, Canasai Kruengkrai, Kiyonori Ohtake, Chikara Hashimoto, Kentaro Torisawa, Julien Kloetzer and Kentaro Inui. Recognizing Complex Negation on Twitter.

2015.9.5 NLP若手の会 第10回シンポジウム デモ賞

渡邉研斗が下記発表でNLP若手の会 第10回シンポジウム デモ賞を受賞しました。

  • 「ストーリー展開を考慮した自動歌詞生成システム」渡邉研斗, 松林優一郎, 乾健太郎(東北大), 深山覚, 中野倫靖, 後藤真孝(産総研)

150916_IMG_2336001.JPG


Last-modified: 2016-08-01 (Mon) 06:43:08 (27d)
© Inui-Okazaki Laboratory 2010-2015 All rights reserved.
Recent Changes
2016-08-27 2016-08-25 2016-08-23 2016-08-22 2016-08-21 2016-08-20 2016-08-18 2016-08-13 2016-08-08 2016-08-05 2016-08-04 2016-08-03 2016-08-02 2016-08-01 2016-07-29 2016-07-26 2016-07-25 2016-07-23 2016-07-22 2016-07-21 2016-07-19 2016-07-18 2016-07-15 2016-07-14 2016-07-13 2016-07-12 2016-07-11 2016-07-08 2016-07-07 2016-07-06 2016-07-05 2016-07-04 2016-07-03 2016-07-01 2016-06-30 2016-06-29 2016-06-28 2016-06-27 2016-06-25 2016-06-24 2016-06-23 2016-06-22 2016-06-21 2016-06-20 2016-06-19 2016-06-18 2016-06-17 2016-06-16 2016-06-15 2016-06-14 2016-06-13 2016-06-11 2016-06-10 2016-06-09 2016-06-08 2016-06-07 2016-06-06 2016-06-03 2016-06-02 2016-06-01 2016-05-31 2016-05-30 2016-05-28 2016-05-27 2016-05-26 2016-05-25 2016-05-24 2016-05-23 2016-05-20 2016-05-19