FrontPage / Open Resources / Japanese Sentiment Polarity Dictionary

日本語評価極性辞書

日本語評価極性辞書(用言編)

用言を中心に収集した評価表現約5千件のリスト(小林の評価値表現辞書)を一部改編し,人手で評価極性情報を付与したデータ.評価極性タグは次の4分類.

ポジティブネガティブ
客観的ポジ(経験)ネガ(経験)
主観的ポジ(評価)ポジ(評価)

日本語評価極性辞書(名詞編)

評価極性を持つ(複合)名詞,約8千5百表現に対して評価極性情報を付与した,人手によるチェック済みのデータ.名詞の評価極性は概ね以下の基準に従う(東山, 2008).

〜である・になる(評価・感情)主観

「○○が〜である・〜になる」ことは,○○をP/Nと評価しているか? ポジティブ:誠実,安寧,親切,中立,名手,英雄,第一人者,幸せ ネガティブ:弱気,鬱

〜である・になる(状態)客観

「〜(という状態)になる」ことは良いことか悪いことか? ポジティブ: ネガティブ:ガン

〜い(評価・感情)主観

「〜い」は良いか悪いか? ポジティブ:美しさ ネガティブ:弱さ

〜する(感情)主観

「〜する」は良い感情か,悪い感情か? ポジティブ:感嘆 ネガティブ:失望

〜する(出来事)

「〜する」ことは嬉しいことか嫌なことか? ポジティブ:善戦,成就,合格 ネガティブ:病気

〜する(行為)

「〜する」と,その人は賞賛されるか非難されるか? 「〜される」と嬉しいか嫌か? ポジティブ:奮闘 ネガティブ:人殺し

〜がある・高まる(存在・性質)

「〜がある・増える・高まる」と良いか悪いか? ポジティブ:オリジナリティー,武勇,慈愛 ネガティブ:錆,菌,アクシデント, ニュートラル:気風(良い気風も悪い気風もある)

〜に行く(場所)

「〜にいる・行く」は嬉しいことか嫌なことか? ポジティブ:天国,リゾート ネガティブ:地獄,監獄

ダウンロード

日本語評価極性辞書(用言編)ver.1.0(2008年12月版)/ Japanese Sentiment Dictionary (Volume of Verbs and Adjectives) ver. 1.0

  • wago.121808.pn
  • 著作者: 東北大学 乾・岡崎研究室 / Author(s): Inui-Okazaki Laboratory, Tohoku University
  • 本辞書を利用される場合は参考文献 1 (小林, 2005) を引用ください.
  • クレジットを明記していただければ,商用利用も可能です.

日本語評価極性辞書(名詞編)ver.1.0(2008年12月版)/ Japanese Sentiment Dictionary (Volume of Nouns) ver. 1.0

  • pn.csv.m3.120408.trim
  • 著作者: 東北大学 乾・岡崎研究室 / Author(s): Inui-Okazaki Laboratory, Tohoku University
  • 本辞書を利用される場合は参考文献 2 (東山, 2008) を引用ください.
  • クレジットを明記していただければ,商用利用も可能です.
  • 評価極性判定基準マニュアル(作成中)

謝辞

日本語評価極性辞書(名詞編)の作成に当たっては,知識獲得のシードデータとして高村大也氏(東京工業大学)の「単語感情極性対応表」の一部を利用させていただきました.詳細は下記参考文献 2 の通りです.記して感謝いたします.

参考文献

  1. 小林のぞみ,乾健太郎,松本裕治,立石健二,福島俊一. 意見抽出のための評価表現の収集. 自然言語処理,Vol.12, No.3, pp.203-222, 2005. / Nozomi Kobayashi, Kentaro Inui, Yuji Matsumoto, Kenji Tateishi. Collecting Evaluative Expressions for Opinion Extraction, Journal of Natural Language Processing 12(3), 203-222, 2005.
  2. 東山昌彦, 乾健太郎, 松本裕治, 述語の選択選好性に着目した名詞評価極性の獲得, 言語処理学会第14回年次大会論文集, pp.584-587, 2008. / Masahiko Higashiyama, Kentaro Inui, Yuji Matsumoto. Learning Sentiment of Nouns from Selectional Preferences of Verbs and Adjectives, Proceedings of the 14th Annual Meeting of the Association for Natural Language Processing, pp.584-587, 2008.

Last-modified: 2016-03-13 (Sun) 01:17:13 (110d)
© Inui-Okazaki Laboratory 2010-2015 All rights reserved.
Recent Changes
2016-07-01 2016-06-30 2016-06-29 2016-06-28 2016-06-27 2016-06-25 2016-06-24 2016-06-23 2016-06-22 2016-06-21 2016-06-20 2016-06-19 2016-06-18 2016-06-17 2016-06-16 2016-06-15 2016-06-14 2016-06-13 2016-06-11 2016-06-10 2016-06-09 2016-06-08 2016-06-07 2016-06-06 2016-06-03 2016-06-02 2016-06-01 2016-05-31 2016-05-30 2016-05-28 2016-05-27 2016-05-26 2016-05-25 2016-05-24 2016-05-23 2016-05-20 2016-05-19 2016-05-18 2016-05-17 2016-05-16 2016-05-15 2016-05-14 2016-05-13 2016-05-12 2016-05-11 2016-05-10 2016-05-09 2016-05-06 2016-05-05 2016-05-02 2016-05-01 2016-04-29 2016-04-28 2016-04-27 2016-04-26 2016-04-25 2016-04-24 2016-04-23 2016-04-22 2016-04-21 2016-04-20 2016-04-19 2016-04-18 2016-04-17 2016-04-15 2016-04-14