FrontPage / Past News / 2010

2011.3.11 東日本大震災

研究室のメンバーはみな無事でした。

2011.2.21 受賞

乾教授が CICLing-2011 Best Paper Award (First Place) を受賞しました。

  • Hiram Calvo, Kentaro Inui and Yuji Matsumoto. Co-related Verb Argument Selectional Preferences. In Proceedings of the 12th International Conference on Intelligent Text Processing and Computational Linguistics (CICLing), 2011.

2011.2.10 平成22年度創造工学研修 最終発表会開催

平成22年度創造工学研修 ー自然言語処理で人の「知」にせまるー の最終発表会が開催されました。 DSC_0023.jpg DSC_0017.jpg

発表会および打ち上げの様子はこちら

2011.2.2 「情報信頼性判断支援システム」プレスリリース

本研究室のメンバーが、NEC、奈良先端科学技術大学院大学、横浜国立大学と共同開発している「情報信頼性判断支援システム」のプレスリリースを1/31におこないました。

2011.2.1 研究室新メンバー

加納史子さん(特別研究学生)、高瀬翔さん、髙松優さん、鍋島啓太さん、成澤克麻さん(学部3年生)の5名が新たに研究室のメンバーに加わりました。

2011.1.31 第17回言語処理学会年次大会発表予定

本研究室からは、以下の3つの発表を予定しています。

  • Eric Nichols, Junta Mizuno, Yotaro Watanabe, and Kentaro Inui. Toward Evidence Search.
  • 水野 淳太, Eric Nichols, 渡邉 陽太郎, 村上 浩司, 松吉 俊, 大木 環美, 乾 健太郎, 松本 裕治. 言論マップ生成技術の現状と課題.
  • Naoya Inoue and Kentaro Inui. Toward Plan Recognition in Discourse Using Large-Scale Lexical Resources.

2010.11.26-27 自然言語処理合同研究会にて発表を行いました

  • Eric Nichols: Toward Evidence Search
  • 井之上 直也: 書き手の問題解決プランの推定手法の検討

IMG_0803.jpeg IMG_0808.jpeg

2010.11.15-17 研究室見学

学内3年生の皆さん、研究室見学、随時お受けしています。電子・応物系1号館4階の乾教授室(419)または学生室(414,412)を直接お訪ねください。アポイントメントは無くても結構です。

2010.11.13 駅伝大会に参加しました

2010111311340000.jpg FrontPage,nolink

アルバムはこちら

2010.10.26 国際会議 AND2010 にて次の発表を行いました.

  • Koji Murakami, Eric Nichols, Junta Mizuno, Yotaro Watanabe, Shouko Masuda, Hayato Goto, Megumi Ohki, Chitose Sao, Suguru Matsuyoshi, Kentaro Inui, Yuji Matsumoto. "Statement Map: Reducing Web Information Credibility Noise through Opinion Classification." In Proceedings of the Fourth Workshop on Analytics for Noisy Unstructured Text Data (AND2010). Toronto, Canada.

2010.10.15 研究室新メンバー

中国からの留学生,金 世峰さんと,フィンランドからの留学生,Noora Routasuoさんの2名が新たに研究室のメンバーに加わりました.

2010.10.5 第1回ディスコース研究会が開催されました

disc201010-1.jpg disc201010-2.jpg

  • 東北大学の言語学分野の方との共同開催で,活発な議論が交わされました

2010.9.29 芋煮会が開催されました

imoni2010-1.jpg imoni2010-2.jpg

アルバムはこちら

2010.9.23 乾健太郎教授が10月1日(金)の情報科学研究科 第4回「総合科学を考えるセミナー」で講演を行いました

2010.9.2 言語処理学会第16回年次大会 最優秀発表賞を受賞

水野淳太君(特別研究学生,奈良先端大)と乾健太郎教授が第16回言語処理学会年次大会 最優秀発表賞を受賞しました

  • 村上浩司, 水野淳太, 後藤隼人, 大木環美, 松吉俊, 乾健太郎, 松本裕治.文間意味的関係認識による言論マップ生成.言語処理学会第16回年次大会論文集, pp.559-562, March 2010.

2010.9.1-9.3 研究室旅行

第一回研究室旅行が開催され,岩手県中尊寺,龍泉洞,小岩井農場,大迫,花巻などを訪れました

tour1_1.jpg tour1_2.jpg

アルバムはこちら

2010.7.28-29 オープンキャンパス開催

2010年7月28日-29日の二日間、入学希望者や地域の方々を対象にしたオープンキャンパスが開催されました。乾研究室では,研究成果のデモンストレーションやパネル展示をおこないました。

2010.7.12 自然言語処理分野の国際会議 ACL2010 にて次の発表を行いました.

  • Yotaro Watanabe, Masayuki Asahara and Yuji Matsumoto. "A Structured Model for Joint Learning of Argument Roles and Predicate Senses"

2010.6.22 第二回乾研カレーパーティーが開催されました

今回は篠原研究室と合同で開催しました。

cp_2.jpg

アルバムはこちら

2010.6.10 乾健太郎教授が7月8日(木)の研究科情報科学談話会で講演を行います

2010.5.27 情報処理学会研究報告 第196回自然言語処理研究会にて次の発表を行いました

  • 水野淳太, 後藤隼人, 渡邉陽太郎, 村上浩司, 乾健太郎,松本裕治. 文間関係認識のための局所構造アライメント

2010.5.25 第一回乾研カレーパーティーが開催されました

cp_1.jpg

アルバムはこちら

2010.5.14 情報処理学会推奨修士論文に認定

博士後期課程学生 井之上直也君の修士論文「日本語文章における直接照応及び間接照応の統合的解析」が、情報処理学会推奨修士論文に認定されました

2010.4.21 自然言語処理分野の国際会議 ACL2010 に以下の論文が採択されました

  • Yotaro Watanabe, Masayuki Asahara and Yuji Matsumoto. "A Structured Model for Joint Learning of Argument Roles and Predicate Senses"

Last-modified: 2020-06-16 (Tue) 02:33:33 (54d)
© Inui-Suzuki Laboratory 2010-2018 All rights reserved.
Recent Changes
2020-06-25 2020-06-17 2020-06-16 2020-06-10 2020-06-08 2020-06-01 2020-04-10 2020-04-02 2020-02-22 2019-06-07 2019-06-06 2019-05-23 2019-04-19 2019-04-08 2019-04-07 2019-04-03 2019-04-01 2019-03-08 2019-03-07 2019-03-01 2019-02-28 2019-02-15 2019-02-14 2019-02-13 2019-02-12 2019-02-08 2019-02-07 2019-02-06 2019-02-05 2019-02-04 2019-02-01 2019-01-31 2019-01-30 2019-01-29 2019-01-28 2019-01-26 2019-01-25 2019-01-24 2019-01-23 2019-01-22 2019-01-19 2019-01-18 2019-01-17 2019-01-16 2019-01-15 2019-01-10 2019-01-09 2019-01-08 2019-01-07 2019-01-06 2019-01-04 2019-01-03 2018-12-27 2018-12-26 2018-12-25 2018-12-21 2018-12-20 2018-12-19 2018-12-18 2018-12-17 2018-12-16 2018-12-13 2018-12-12 2018-12-11 2018-12-10 2018-12-07 2018-12-06 2018-12-05 2018-12-04 2018-12-03 2018-12-02 2018-11-29 2018-11-28