Yuichiroh Matsubayashi / 松林 優一郎

Image
Image

Yuichiroh Matsubayashi

@Yucchiiro

I am Yuichiroh Matsubayashi, a Research Scientist at RIKEN Center for Advanced Intelligence Project. I received my Ph.D degree in Information Science and Technology from the University of Tokyo in 2010. My research interests are Artificial Intelligence and Computational Linguistics, in particular, on modeling a communication process of human, building a semantics of natural language, as well as semantic processing of natural language text. I have received several awards including the IPSJ Yamashita SIG Research Award from the Information Processing Society of Japan (IPSJ) and the Best Journal Paper Award from the Association for Natural Language Processing (ANLP) (two times). I am a member of the Association of Computational Linguistics (ACL), ANLP, IPSJ and the Japan Society of Artificial Intelligence (JSAI).

Profile

Research Scientist / 研究員
Natural Language Understanding Team, RIKEN Center for Advanced Intelligence Project, Japan /
理化学研究所 革新知能統合研究センター 自然言語理解チーム
Ph. D in Information Science & Technology (The University of Tokyo) / 博士(情報理工学)(東京大学)

Contact Address

Communication Science Laboratory 6-6-05 Aramaki Aza Aoba, Aobaku, Sendai, Miyagi 980-8579, Japan
980-8579 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-05 東北大学工学研究科 電子情報システム・応物系1号館6階
+81-22-795-7091
y-matsu at ecei tohoku ac jp

Selected Publications

  1. Yuichiroh Matsubayashi, Kentaro Inui. (2017) Revisiting Design Issues of Local Models for Japanese Predicate-Argument Structure Analysis. In Proceedings of IJCNLP, pp. 128-133.
  2. Naoya Inoue, Yuichiroh Matsubayashi, Masayuki Ono, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. (2016) Modeling Context-sensitive Selectional Preference with Distributed Representations. In Proceedings of COLING, pp. 2829-2838.
  3. Kento Watanabe, Yuichiroh Matsubayashi, Naho Orita, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui, Satoru Fukayama, Tomoyasu Nakano, Jordan B. L. Smith and Masataka Goto. (2016) Modeling Discourse Segments in Lyrics Using Repeated Patterns. In Proceedings of COLING, pp. 1959-1969.
  4. 松林優一郎, 中山周, 乾健太郎 (2015). 日本語述語項構造解析タスクにおける項の省略を伴う事例の分析. 自然言語処理. 22巻5号. pp.433-463.
  5. Yuichiroh Matsubayashi, Naoaki Okazaki, Jun’ichi Tsujii (2014) Generalization of Semantic Roles in Automatic Semantic Role Labeling. Journal of Natural Language Processing. Vol. 21 No. 4, pp. 841-875.
  6. 松林優一郎, 飯田龍, 笹野遼平, 横野光, 松吉俊, 藤田篤, 宮尾祐介, 乾健太郎 (2014) 日本語文章に対する述語項構造アノテーション仕様の考察. 自然言語処理. 21巻2号, pp. 331-378.
  7. Yuichiroh Matsubayashi, Yusuke Miyao and Akiko Aizawa (2012) Framework of Semantic Role Assignment based on Extended Lexical Conceptual Structure: Comparison with VerbNet and FrameNet. In Proceedings of the EACL, pp. 686-695.
  8. Graham Neubig, Yuichiroh Matsubayashi, Masato Hagiwara, Koji Murakami (2011) Safety Information Mining — What can NLP do in a disaster —. In Proceedings of IJCNLP, pp. 965-973.
  9. Keisuke Yokoi, Minh-Quoc Nghiem, Yuichiroh Matsubayashi and Akiko Aizawa (2011) Contextual Analysis of Mathematical Expressions for Advanced Mathematical Search. In Proceedings of CICLing 2011, pp. 81-86.
  10. Yuichiroh Matsubayashi, Naoaki Okazaki and Jun'ichi Tsujii (2009) A Comparative Study on Generalization of Semantic Roles in FrameNet. In proceedings of ACL-IJCNLP, pp. 19-27.

Biography

2018-Current Research Scientist / 研究員
Natural Language Understanding Team, RIKEN Center for Advanced Intelligence Project, Japan
理化学研究所 革新知能統合研究センター 自然言語理解チーム
Advisor Kentaro Inui / 乾 健太郎
2012-2018 Project Research Associate / 研究特任助教
Communication Science Laboratory, Graduate School of Information Sciences, Tohoku University, Japan
東北大学大学院 情報科学研究科 システム情報科学専攻 情報伝達学講座(乾・岡崎研究室, 乾・鈴木研究室)
Advisor Kentaro Inui / 乾 健太郎
2010-2012 Post-doctoral Researcher / 特任研究員
Digital Content and Media Sciences Research Division, National Institute of Informatics, Japan
国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 (相澤研究室)
Advisor Akiko Aizawa / 相澤 彰子

Education

2010 Ph.D in Information Science & Technology
Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo
東京大学大学院 情報理工学系研究科 コンピュータ科学専攻 博士課程修了
Advisor Jun'ichi Tsujii / 辻井 潤一
2006 Master of Information Science & Technology
Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo
東京大学大学院 情報理工学系研究科 コンピュータ科学専攻 修士課程修了
Advisor Jun'ichi Tsujii / 辻井 潤一
2004 Bachelor of Science
Informatics Course in Department of Physics, School of Sciences, Kyushu University
九州大学 理学部 物理学科 情報理学コース 卒業
Advisor Hiroki Arimura / 有村 博紀

Awards

2017 言語処理学会 第23回年次大会 優秀賞 Rate 6/301件
2016 言語処理学会 第22回年次大会 最優秀賞 Rate 2/308件
2016 情報処理学会 自然言語処理研究会 優秀研究賞 Rate 1/6件
2015 言語処理学会 若手の会シンポジウム 2015年度 デモ賞 Rate 1/8件
2015 言語処理学会 2014年度 最優秀論文賞 Rate 1/28編
2014 言語処理学会 若手の会シンポジウム 2014年度 奨励賞 Rate 4/24件
2014 情報処理学会 2014年度 山下記念研究賞 Rate 1/60件
2012 人工知能学会 現場イノベーション賞 2011年度 銀賞
2011 言語処理学会 2010年度 最優秀論文賞 Rate 1/28編
2010 言語処理学会 若手の会シンポジウム 2010年度 最優秀奨励賞 Rate 1/30件
2010 言語処理学会 第15回年次大会 優秀発表賞 Rate 5/235件

Resarch Grants / 競争的研究資金

2015-2017 若手研究(B)(代表者)
超大規模コーパスからの統計的知識獲得と構成論的記号計算の融合による句の類義性認識
2012-2013 国立情報学研究所共同研究(代表者)
述語内部の意味構造と文の統語構造の関係を基軸とした含意関係計算理論の構築
2012-2013 若手研究(B)(代表者)
語彙意味論に基づいた日本語文の項構造解析と含意関係認識の実現 (雇用関係の都合により辞退)
2010-2011 研究活動スタート支援(代表者)
日本語文の意味構造解析技術確立に向けた意味構造タグ付きコーパスの作成と応用

Service Activities / 学会活動

International conference committee / 国際会議運営

  • LREC reviewer (2018)
  • IJCNLP reviewer (2017)
  • ACL reviewer (2012, 2014, 2017)
  • EMNLP reviewer (2017, 2018)
  • COLING reviewer (2016, 2018)

Domestic conference committee / 国内会議運営

  • 情報処理学会 自然言語処理研究会 運営委員 (2018)
  • 言語処理学会 年次大会 大会プログラム委員 (2018)
  • 言語処理学会 年次大会 大会実行委員 (2016)
  • 言語処理学会 年次大会 大会賞審査員 (2015, 2017-2018)
  • 言語処理学会 年次大会 ワークショップオーガナイザ(2014, 2015)
  • 国立情報学研究所 テキストアノテーションワークショップ・コンテスト オーガナイザ(2012)

Journals / ジャーナル運営

  • 言語処理学会 論文誌 editorial board (2015-2016)
  • 言語処理学会 論文誌 特集号(「コーパスアノテーション」)editorial board (2013)
  • Computational Intelligence reviewer (2016)
  • 言語処理学会 論文誌 reviewer (2012-2016)
  • 情報処理学会 論文誌 reviewer (2014, 2018)

Publications

Books

  1. 松林優一郎 (2017).自然言語処理 8-2 言語資源とアノテーション. 人工知能学会 編『人工知能学辞典』, 共立出版, pp. 599-601.
  2. 福原裕一,松林優一郎,乾健太郎 (2016).自然言語処理における意味・談話情報のコーパスアノテーション. 小川芳樹・長野明子・菊地朗 編『コーパスからわかる言語変化・変異と言語理論』, 開拓社, pp. 423-442.

Journal papers

  • Kento Watanabe, Yuichiroh Matsubayashi, Kentaro Inui, Satoru Fukayama, Tomoyasu Nakano and Masataka Goto (2018). Modeling Storylines in Lyrics. IEICE Transactions on Information and Systems. Vol.E101-D,No.4, pp. 1167-1179.
  • 松林優一郎, 中山周, 乾健太郎 (2015). 日本語述語項構造解析タスクにおける項の省略を伴う事例の分析. 自然言語処理. 22巻5号. pp.433-463.
  • 稲田和明, 松林優一郎, 乾健太郎 (2015). 日本語文書内で表現される事象間の時間的な順序関係の推定. 情報処理学会論文誌, Vol.56, No.10, pp.2054-2071.
  • Yuichiroh Matsubayashi, Naoaki Okazaki, Jun’ichi Tsujii (2014) Generalization of Semantic Roles in Automatic Semantic Role Labeling. Journal of Natural Language Processing. Vol. 21 No. 4, pp. 841-875.
  • 松林優一郎, 飯田龍, 笹野遼平, 横野光, 松吉俊, 藤田篤, 宮尾祐介, 乾健太郎 (2014) 日本語文章に対する述語項構造アノテーション仕様の考察. 自然言語処理. 21巻2号, pp. 331-378. (2014年度言語処理学会最優秀論文賞:1/28編)
  • 松林優一郎,岡崎直観,辻井潤一 (2010) 自動意味役割付与における意味役割の汎化.自然言語処理. 17巻3号, pp.59-89. (2010年言語処理学会最優秀論文賞:1/28編)

International conference papers

  • Yuichiroh Matsubayashi and Kentaro Inui. (2018) Distance-Free Modeling of Multi-Predicate Interactions in End-to-End Japanese Predicate-Argument Structure Analysis. In Proceedings of the 27th International Conference on Computational Linguistics (COLING), 12 pages. (to appear)
  • Kento Watanabe, Yuichiroh Matsubayashi, Satoru Fukayama, Masataka Goto, Kentaro Inui and Tomoyasu Nakano. (2018) A Melody-conditioned Lyrics Language Model. In Proceedings of the 16th Annual Conference of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics: Human Language Technologies (NAACL-HLT), pp. 163–172.
  • Yuichiroh Matsubayashi and Kentaro Inui. (2017) Revisiting Design Issues of Local Models for Japanese Predicate-Argument Structure Analysis. In Proceedings of the 8th International Joint Conference on Natural Language Processing (IJCNLP), pp. 128-133.
  • Kento Watanabe, Yuichiroh Matsubayashi, Kentaro Inui, Tomoyasu Nakano, Satoru Fukayama and Masataka Goto. (2017) LyriSys: An Interactive SupportSystem for Writing Lyrics Based on Topic Transition. In Proceedings of the 22nd Annual Meeting of the Intelligent User Interfaces Community (IUI 2017), pp.559—563.
  • Naoya Inoue, Yuichiroh Matsubayashi, Masayuki Ono, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. (2016) Modeling Context-sensitive Selectional Preference with Distributed Representations. In Proceedings of the 26th International Conference on Computational Linguistics, pp. 2829-2838.
  • Kento Watanabe, Yuichiroh Matsubayashi, Naho Orita, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui, Satoru Fukayama, Tomoyasu Nakano, Jordan B. L. Smith and Masataka Goto. (2016) Modeling Discourse Segments in Lyrics Using Repeated Patterns. In Proceedings of the 26th International Conference on Computational Linguistics, pp. 1959-1969.
  • Kento Watanabe, Yuichiroh Matsubayashi, Kentaro Inui and Masataka Goto (2014) Modeling Structural Topic Transitions for Automatic Lyrics Generation. In Proceedings of 28th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computing, pp. 422-431.
  • Yuichiroh Matsubayashi, Yusuke Miyao and Akiko Aizawa (2012) Building Japanese Predicate-argument Structure Corpus using Lexical Conceptual Structure. In Proceedings of the Eighth International Conference on Language Resources and Evaluation, pp. 1554-1558.
  • Yuichiroh Matsubayashi, Yusuke Miyao and Akiko Aizawa (2012) Framework of Semantic Role Assignment based on Extended Lexical Conceptual Structure: Comparison with VerbNet and FrameNet. In Proceedings of the 13th Conference of the European Chapter of the Association for Computational Linguistics, pp. 686-695.
  • Graham Neubig, Yuichiroh Matsubayashi, Masato Hagiwara, Koji Murakami (2011) Safety Information Mining — What can NLP do in a disaster —. In Proceedings of the 5th International Joint Conference on Natural Language Processing, pp. 965-973.
  • Minh-Quoc Nghiem, Keisuke Yokoi, Yuichiroh Matsubayashi and Akiko Aizawa (2011) A Name-based Mathematical Expressions Search System. In Proceedings of PACLING 2011. No.40.
  • Keisuke Yokoi, Minh-Quoc Nghiem, Yuichiroh Matsubayashi and Akiko Aizawa (2011) Contextual Analysis of Mathematical Expressions for Advanced Mathematical Search. In Proceedings of CICLing 2011, pp. 81-86.
  • Minh Nghiem Quoc, Keisuke Yokoi, Yuichiroh Matsubayashi, Akiko Aizawa (2010) Mining Coreference Relations between Formulas and Text using Wikipedia. In Proceedings of NLPIX 2010, pp. 69-74.
  • Yuichiroh Matsubayashi, Naoaki Okazaki and Jun'ichi Tsujii (2009) Accurate and Robust Semantic Role Labeling using Multiple Generalization Criteria in PropBank. In proceedings of the 5th International Conference on Generative Approaches to the Lexicon, pp. 97-104.
  • Yuichiroh Matsubayashi, Naoaki Okazaki and Jun'ichi Tsujii (2009) A Comparative Study on Generalization of Semantic Roles in FrameNet. In proceedings of the 47th Annual Meeting of the ACL and 4th IJCNLP of the AFNLP, pp. 19-27.
  • Kano, Yoshinobu, Ngan Nguyen, Rune Sætre, Kazuhiro Yoshida, Yusuke Miyao, Yoshimasa Tsuruoka, Yuichiro Matsubayashi, Sophia Ananiadou and Jun'ichi Tsujii (2008) Filling the Gaps Between Tools and Users: A Tool Comparator, Using Protein-Protein Interactions as an Example. In Proceedings of the Pacific Symposium on Biocomputing (PSB), pp. 616-627.
  • Sætre, Rune, Kazuhiro Yoshida, Akane Yakushiji, Yusuke Miyao, Yuichiro Matsubayashi and Tomoko Ohta (2007) AKANE System: Protein-Protein Interaction Pairs in BioCreAtIvE2 Challenge, PPI-IPS subtask, In Proceedings of the Second BioCreative Challenge Evaluation Workshop, pp. 209-212.

Review papers

  • 松林優一郎 (2015). 特集「自然言語処理技術の現状と展望(エラー分析プロジェクトを通して)」-述語項構造解析-. 情報処理, 57巻1号, pp. 14-15.
  • 萩原 正人 村上 浩司 Graham Neubig 松林優一郎 (2012). ANPI_NLP -NLP技術を応用した震災時安否情報確認支援-.情報処理学会誌 53巻3号, pp. 241-248.

Invited talks

  • 乾健太郎, 松林優一郞 (2015) 言語コーパスへの重層的意味情報付与 〜自然言語処理から見たコーパス分析〜. 言語変化・変異研究ユニット第二回ワークショップ「コーパスからわかる言語の可変性と普遍性」.
  • 松林優一郎, 飯田龍, 笹野遼平, 横野光, 松吉俊, 藤田篤, 宮尾祐介, 乾健太郎 (2015) 日本語文章に対する述語項構造アノテーション仕様の考察. 言語処理学会 第21回年次大会. (2014年度言語処理学会論文賞招待講演)
  • 松林優一郎 (2014) 持続可能なコーパスアノテーションについて考える ~述語項構造アノテーションを例にとって~. 情報処理学会 第218回自然言語処理研究会.

Domestic conference papers / presentations

  • 松林優一郎, 乾健太郎 (2018). 複数の述語間の関係を考慮したEnd-to-End 日本語述語項構造解析. 言語処理学会第24回年次大会, pp.101-104.
  • 阿部香央莉, 松林優一郎, 岡崎直観, 乾健太郎 (2018). ニューラルネットを用いた多方言の翻訳と類型分析. 言語処理学会第24回年次大会, pp.304-307.
  • 折田奈甫, 石井啓太, 鈴木あすみ, 松林優一郎 (2018). 絵本述語項構造コーパスの設計と構築. 言語処理学会第24回年次大会, pp.432-435.
  • 渡邉研斗, 松林優一郎, 深山覚, 乾健太郎, 後藤真孝, 中野倫靖 (2018). メロディ条件付き歌詞⾔語モデル. 言語処理学会第24回年次大会, pp.1296-1299.
  • 浅野広樹, 水本智也, 松林優一郎, 乾健太郎 (2017) 文法誤り訂正の文単位評価におけるリファレンスレス手法の評価性能. 情報処理学会第234回 自然言語処理研究会, pp.1-8.
  • 菊地凜, 松林優一郎, 乾健太郎 (2017) 日本語メタファー表現に対する分散表現の評価と考察. 第12回NLP若手の会 シンポジウム (YANS).
  • 高橋諒, 松林優一郎, 中山周, 田然, 乾健太郎 (2017) Dependency-based Compositional Semantics Vectorに基づく文脈付き選択選好モデル. 第12回NLP若手の会 シンポジウム (YANS).
  • 渡邉研斗、松林優一郎、深山覚、中野倫靖、後藤真孝、乾健太郎 (2017) メロディと歌詞の相関に基づく自動歌詞生成. 情報処理学会第231回 自然言語処理研究会, pp.1-12. (学生奨励賞)
  • 松林優一郎, 乾健太郎 (2017). ニューラルネットワークによる日本語述語項構造解析の素性の汎化. 言語処理学会第23回年次大会, pp.394-397. (言語処理学会年次大会優秀賞:6件/300件)
  • 渡邉研斗, 松林優一郎, 乾健太郎, 深山覚, 中野倫靖, 後藤真孝 (2016). ストーリー展開と一貫性を同時に考慮した歌詞生成モデル. 人工知能学会第30回全国大会, 2K3-1, 4 pages.
  • 大野雅之, 井之上直也, 松林優一郎, 岡崎直観, 乾健太郎 (2016). 分散表現による文脈情報を用いた選択選好モデル.言語処理学会第22回年次大会, pp.885-888. (言語処理学会年次大会最優秀賞:2件/308件)
  • 大野雅之, 井之上直也, 松林優一郎, 岡崎直観, 乾健太郎 (2016). 分散表現に基づく選択選好モデルの文脈化. 情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告, Vol.2016-NL-225, No.1, pp.1-9. (情報処理学会自然言語処理研究会優秀研究賞:1件/6件)
  • 渡邉研斗, 松林優一郎, 乾健太郎, 中野倫靖, 深山覚, 後藤真孝 (2015). LyriSys: 歌詞の大局的構造に基づいた作詞支援インタフェース. In Proceedings of 23rd Workshop on Interactive Systems and Software (WISS 2015), pp.1-4. (査読付き・採択率19%)
  • 渡邉研斗, 松林優一郎, 乾健太郎, 深山覚, 中野倫靖, 後藤 真孝 (2015). ストーリー展開を考慮した自動歌詞生成システム. NLP若手の会 第10回シンポジウム.(2015年度デモ賞:1件/8件)
  • 松林優一郎, 吉野幸一郎, 林部祐太, 中山周 (2015). Project NEXT 述語項構造タスク. 言語処理学会第21回年次大会ワークショップ:自然言語処理におけるエラー分析, pp. 1-157.
  • 中山周, 松林優一郎, 乾健太郎 (2015). 日本語述語項構造解析のための統語パターン分析. 言語処理学会第21回年次大会, pp.1028-1031.
  • 稲田和明, 松林優一郎, 乾健太郎 (2015). 日本語文内で表現されるイベント間の時間的な順序関係の認識. 情報処理学会 第77回全国大会予稿集, pp.225-226.
  • 渡邉研斗, 松林優一郎, 乾健太郎, 後藤真孝 (2015). 大規模歌詞データからの潜在的トピック遷移のモデル化. 情報処理学会第77回全国大会発表論文集, pp. 371-372.
  • 渡邉研斗, 松林優一郎, 乾健太郎, 後藤真孝 (2014) 実用的な自動歌詞生成に向けて. 第9回NLP若手の会シンポジウム(2014年度奨励賞:4件/ 24件)
  • 松林優一郎, 乾健太郎 (2014) 統計的日本語述語項構造解析のための素性設計再考. 言語処理学会第20回年次大会論文集, pp. 360-363.
  • 渡邉研斗, 松林優一郎, 乾健太郎, 後藤真孝 (2014) 大局的な構造を考慮した歌詞自動生成システムの提案. 言語処理学会第20回年次大会論文集, pp. 694-697.
  • 稲田和明, 松林優一郎, 乾健太郎 (2014) 同一文内の表現対を対象とした日本語における時間関係認識. 言語処理学会第20回年次大会論文集, pp. 348-351.
  • 松林優一郎, 飯田龍, 笹野遼平, 横野光, 松吉俊, 藤田篤, 宮尾祐介, 乾健太郎 (2013) 日本語述語項構造アノテーションに関わる諸問題の分析. 第214回自然言語処理研究会予稿集, pp.1-18.(2014年度山下記念研究賞:1件/ 60件)
  • 稲田和明, 松林優一郎, 井之上直也, 乾健太郎 (2013) 効率的な推論処理のための日本語文の論理式変換に向けて. 言語処理学会第19回年次大会予稿集, pp.608-611.
  • 松林優一郎, 宮尾祐介, 相澤彰子 (2012) 語彙概念構造を用いた日本語述語項構造コーパスの設計. 言語処理学会第18回年次大会論文集, pp.393-396.
  • 松林優一郎, 宮尾祐介, 相澤彰子 (2011) 語彙概念構造を用いた語彙間意味関係グラフの自動構築. 人工知能学会第25回全国大会予稿集, 4pages.
  • 松林優一郎, 宮尾祐介, 相澤彰子 (2011) 語彙概念構造による意味役割の形式化と複数役割の割り当て. 言語処理学会第17回年次大会予稿集, pp.709-712.
  • 横井啓介, NGHIEM Minh-Quoc, 松林優一郎, 相澤彰子 (2011) 数式検索のための数式周辺テキストの言語解析手法. 言語処理学会第17回年次大会予稿集, pp.524-527.
  • 松林優一郎,宮尾祐介,相澤彰子 (2010) 日本語動詞概念構造コーパスの設計. NLP若手の会 第5回シンポジウム (2010年度最優秀奨励賞:1件/ 30件)
  • 横井啓介, Minh NGHIEM, 松林優一郎, 相澤彰子 (2010) 数式とその周辺情報を利用した数式概念検索の実現. FIT2010, pp.117-120.
  • 松林 優一郎, 辻井 潤一 (2009) 自動意味役割付与のための役割集合の設計.言語処理学会第15回年次大会発表論文集,pp. 364-367. (言語処理学会年次大会優秀発表賞:5件/ 235件)

Language Skills

Natural Languages

  • Japanese / 日本語 (native)
  • English

Programming Languages

  • Scala (Primary in 2013-Current)
  • Python(Secondary in 2003-2004, 2016-Current)
  • Java (Primary in 2005-2014)
  • Ruby(Secondary in 2006-2014)
  • C++(Primary in 2001-2009)
  • Prolog, LiLFeS(2006-2008)
  • PHP(2002-2006)
  • Perl(2000-2002)
  • HTML, XML, XSD, XSLT, CSS, SASS, LESS, Dot, Javascript