FrontPage / Publications

Publications

受賞 / Awards

  1. PACLIC-30 Best Paper Honorable Mention, 29 October 2016
    • Masayasu Muraoka, Sumit Maharjan, Masaki Saito, Kota Yamaguchi, Naoaki Okazaki, Takayuki Okatani and Kentaro Inui
    • Recognizing Open-vocabulary Relations between Objects in Images
  2. NLP若手の会第11回シンポジウム 奨励賞, 2016年8月30日
    • 小林颯介
    • 参照関係に基づく分散表現の共有と動的更新 (小林颯介, 岡崎直観, 乾健太郎)
  3. 平成28年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞, 2016年4月20日 / The Young Scientists' Prize, The Commendation for Science and Technology by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology, April 20 2016.
    • 岡崎直観 / Naoaki Okazaki
    • 言語ビッグデータからの知識の獲得とその応用の研究
  4. 東北大学工学部長賞, 2016年3月25日
    • 佐藤祥多
  5. 情報処理学会東北支部学生奨励賞, 2016年3月12日
    • 鈴木正敏
  6. 言語処理学会第22回年次大会 最優秀賞, 2016年3月10日 / The 22th Annual Meeting of the Association for Natural Language Processing Excellent Paper Award, March 10 2016.
    • 大野雅之, 井之上直也, 松林優一郎, 岡崎直観, 乾健太郎
    • 分散表現による文脈情報を用いた選択選好モデル
  7. 言語処理学会第22回年次大会 優秀賞, 2016年3月10日 / The 22th Annual Meeting of the Association for Natural Language Processing Excellent Paper Award, March 10 2016.
    • 小林颯介, 田然, 岡崎直観, 乾健太郎
    • 談話内における局所文脈の動的分散表現
  8. 情報処理学会 自然言語処理研究会 優秀研究賞 2016年1月22日 / IPSJ SIG-NL Research Award, 22 January 2016
    • 大野雅之, 井之上直也, 松林優一郎, 岡崎直観, 乾健太郎
    • 分散表現に基づく選択選好モデルの文脈化, 2016-NL-225
  9. Recruit Challenge for Student 3位入賞, 2015年10月30日
    • 佐々木彬
  10. PACLIC-29 Best Paper Award (Computation) 1 November 2015
    • Hiroya Komatsu, Ran Tian, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui.
    • Reducing Lexical features in Parsing by Word Embeddings.
  11. ドコモ・モバイル・サイエンス賞 先端技術部門優秀賞 2015年9月28日
    • 乾健太郎, 岡崎直観
    • ソーシャルテキストビッグデータの意味的分析技術の研究
  12. NLP若手の会 第10回シンポジウム デモ賞 2015年9月5日
    • 渡邉研斗
    • ストーリー展開を考慮した自動歌詞生成システム (松林優一郎, 乾健太郎(東北大), 深山覚, 中野倫靖, 後藤真孝(産総研))
  13. 人工知能学会 第29回全国大会 学生奨励賞 2015年7月22日 / JSAI Annual Conference Student Incentive Award, 22 July 2015.
    • 高瀬翔 / Sho Takase
    • 関係知識獲得のための意味表現の学習 (高瀬翔, 岡崎直観, 乾健太郎)
  14. 情報処理学会 第77回全国大会 大会奨励賞 / IPSJ Best Paper Award for Young Researcher of IPSJ National Convention, 29 June 2015
    • 上岡裕大 / Yudai Kamioka
    • 日本語文における機能表現意味ラベル付与と事実性解析への効果 (上岡裕大, 成田和弥, 菅野美和, 水野淳太, 乾健太郎) / Semantic Labeling of Japanese Functional Expressions and its Impact on Factuality Analysis (Yudai Kamioka, Kazuya Narita, Miwa Kanno, Junta Mizuno, Kentaro Inui)
  15. 情報処理学会 自然言語処理研究会 優秀研究賞 2015年5月26日 / IPSJ SIG-NL Research Award, 26 May 2015
    • 田然, 岡崎直観, 乾健太郎 / Tian Ran, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui
    • 対数的共起ベクトルの加法構成性, 2015-NL-221
  16. 言語処理学会第21回年次大会 最優秀賞, 2015年3月19日 / The 21th Annual Meeting of the Association for Natural Language Processing Excellent Paper Award, March 19 2015.
    • 高瀬翔, 岡崎直観, 乾健太郎
    • 構成性に基づく関係パタンの意味計算
  17. 言語処理学会2014年度最優秀論文賞, 2015年3月19日 / The Association for Natural Language Processing Best Paper Award 2014 (first place). March 19, 2015.
    • 松林優一郎, 飯田龍, 笹野遼平, 横野光, 松吉俊, 藤田篤, 宮尾祐介, 乾健太郎.
    • Yuichiroh Matsubayashi, Ryu Iida, Ryohei Sasano, Hikaru Yokono, Suguru Matsuyoshi, Atsushi Fujita, Yusuke Miyao, Kentaro Inui
    • 日本語文章に対する述語項構造アノテーション仕様の考察. 自然言語処理 21(2) 331-378 2014年4月
    • Issues on Annotation Guidelines for Japanese Predicate-Argument Structures. Journal of Natural Language Processing Vol. 21 (2014) No. 2 p. 333-377.
  18. 情報処理学会 第77回全国大会 学生奨励賞, 2015年3月19日
    • 上岡裕大 / Yudai Kamioka
    • 日本語文における機能表現意味ラベル付与と事実性解析への効果 (上岡裕大, 成田和弥, 菅野美和, 水野淳太, 乾健太郎) / Semantic Labeling of Japanese Functional Expressions and its Impact on Factuality Analysis (Yudai Kamioka, Kazuya Narita, Miwa Kanno, Junta Mizuno, Kentaro Inui)
  19. ICOAI2014 Barcelona Conferences Excellent Oral Presentation, 22 December 2014
    • Kazeto Yamamoto
    • Boosting the Efficiency of First-order Abductive Reasoning Using Pre-estimated Relatedness between Predicates (Kazeto Yamamoto, Naoya Inoue, Kentaro Inui, Yuki Arase and Jun'ichi Tsujii)
  20. 日本学術振興会 科学研究費審査委員表彰, 2014年10月31日
    • 乾健太郎
  21. 石田實記念財団研究奨励賞 / Minoru Ishida Research Award, 2014年11月14日
    • 岡崎直観
    • 大規模データに基づく自然言語処理とその応用に関する研究
  22. 情報処理学会 2014年度山下記念研究賞 / IPSJ Yamashita SIG Research Award, 2014年9月23日
    • 松林優一郎 / Yuichiroh Matsubayashi
    • 日本語述語項構造アノテーションに関わる諸問題の分析(松林優一郎, 飯田龍, 笹野遼平, 横野光, 松吉俊, 藤田篤, 宮尾祐介, 乾健太郎 )
    • 2013-NL-214(2013.11.15)(自然言語処理研究会)
  23. NLP若手の会第9回シンポジウム 奨励賞, 2014年9月23日
    • 渡邉研斗
    • 実用的な自動歌詞生成に向けて (渡邉研斗, 松林優一郎, 乾健太郎, 後藤真孝)
  24. AMT2014 Best Paper Award, 13 August 2014
    • Keita Nabeshima, Junta Mizuno, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui
    • Mining False Information on Twitter for a Major Disaster Situation
  25. 言語処理学会 20周年記念論文賞, 2014年7月11日
    • 飯田龍,小町守,井之上直也,乾健太郎,松本裕治
    • 述語項構造と照応関係のアノテーション: NAISTテキストコーパス構築の経験から
    • 自然言語処理, Vol.17, No.2, pp.25-50 (PDF)
  26. 第4回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(WI2研究会) 優秀研究賞, 2014年5月25日
    • 鳥海不二夫, 榊剛史, 岡崎直観
    • 「人工知能」の表紙に関するツイートの分析・続報
  27. 東北大学 総長賞, 2014年3月26日
    • 村岡雅康
  28. 言語処理学会第20回年次大会 最優秀賞, 2014年3月20日
    • 井之上直也, 杉浦純, 乾健太郎
    • 共参照解析のための事象間関係知識の文脈化
  29. 言語処理学会第20回年次大会 優秀賞, 2014年3月20日
    • 島岡聖世, 村岡雅康, 山本風人, 渡邉陽太郎, 岡崎直観, 乾健太郎
    • ガウス分布による単語と句の意味の分布的表現
  30. 言語処理学会第20回年次大会 若手奨励賞, 2014年3月20日
    • 村岡雅康
    • 係り受け関係を用いた句ベクトルの生成 (村岡雅康, 島岡聖世, 山本風人, 渡邉陽太郎, 岡崎直観, 乾健太郎)
  31. 言語処理学会 2013年度論文賞 / The Best Paper Award of the Journal of Natural Language Processing 2013
    • 鍋島啓太, 渡邉研斗, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎 / Keita Nabeshima, Kento Watanabe, Junta Mizuno, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui
    • 訂正パターンに基づく誤情報の収集と拡散状況の分析 / Extracting False Information on Twitter and Analyzing its Diffusion Processes by using Linguistic Patterns for Correction
    • March 19, 2014
  32. 第3回サイエンス・インカレ 科学技術振興機構理事長賞, 2014年3月3日
    • 島岡聖世, 村岡雅康
    • 大規模言語データから単語間の意味的類似性と意味の広がりを自動学習する確率的言語モデル
  33. 第26回日本リスク研究学会年次大会 優秀発表論文賞, 2013年11月16日
    • 岡崎直観
    • ツイッター分析に基づく福島県産桃に対する風評の実態解明とその対策 (岡崎直観,佐々木彬,乾健太郎,阿部博史,石田望)
  34. 言語処理学会第19回年次大会 優秀賞,2013年8月21日
    • 島岡聖世, 山本風人, 乾健太郎
    • オートエンコーダにおける単語ベクトルの学習
  35. 東北大学 情報科学研究科長賞, 2013年3月27日
    • 井之上直也
  36. 情報処理学会東北支部学生奨励賞, 2013年3月27日
    • 佐藤雅宏
  37. 東北大学 工学研究科長教育賞, 2013年3月22日
    • 大町真一郎, 上原洋一, 津田理, 工藤成史, 金子俊郎, 乾健太郎, 松浦祐司
  38. 情報処理学会第75回全国大会学生奨励賞, 2013年3月7日
    • 鍋島啓太 / Keita Nabeshima
    • 訂正パターンに基づく誤情報の抽出と集約 (鍋島啓太, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎) / Extracting and Aggregating False Information on Twitter by using Linguistic Patterns for Correction (Keita Nabeshima, Junta Mizuno, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui)
  39. 情報処理学会第75回全国大会学生奨励賞, 2013年3月6日
    • 渡邉研斗
    • Twitterにおける誤情報の拡散収束過程の可視化 (渡邉研斗, 鍋島啓太, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎)
  40. IBIS2012 Honorable Mention, 2012年12月9日
    • Naoya Inoue
    • Online Large-margin Weight Learning for First-Order Logic-Based Abduction (Naoya Inoue, Kazeto Yamamoto, Yotaro Watanabe, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui)
  41. 情報処理学会 2012年度 山下記念研究賞,2012年9月27日
    • Naoya Inoue
    • An ILP Formulation of Abductive Inference for Discourse Interpretation (Naoya Inoue and Kentaro Inui)
  42. 言語処理学会第18回年次大会 優秀賞,2012年9月2日
    • 井之上直也,乾健太郎,Ekaterina Ovchinnikova,Jerry R. Hobbs
    • 大規模世界知識を用いた仮説推論による談話解析の課題と対策
  43. NLP若手の会第7回シンポジウム 奨励賞, 2012年9月4日
    • 山本風人
    • 重み付き仮説推論における部分的な正解仮説からの識別学習 (山本風人, 井之上直也, 渡邉陽太郎, 岡崎直観, 乾健太郎)
  44. 情報処理学会第206回自然言語処理研究会 学生奨励賞,2012年5月11日
    • 山本風人
    • 誤差逆伝播を利用した重み付き仮説推論の教師あり学習 (山本風人, 井之上直也, 渡邊陽太郎, 岡崎直観, 乾健太郎)
  45. NLP若手の会 第6回シンポジウム 優秀発表賞,2011年9月22日
    • 杉浦純
    • 大規模語彙知識を用いた仮説推論による文章理解モデルの構築に向けて (杉浦純, 井之上直也, 乾健太郎)
  46. 日本経済新聞社「技術トレンド調査(2011年度第1回)」総合3位,2011年6月3日
    • 情報通信研究機構(NICT)委託研究「電気通信サービスにおける情報信憑性検証技術に関する研究開発」,2007-2010,Web 上のテキスト情報間の論理的関係の解析
    • プロジェクトのプレスリリース(2011年1月31日付)
  47. 言語処理学会 2010年度最優秀論文賞,2011年3月7日
    • 松林優一郎, 岡崎直観, 辻井潤一
    • 自動意味役割付与における意味役割の汎化
  48. CICLing-2011 Best Paper Award (First Place), 26 February 2011
    • Hiram Calvo, Kentaro Inui and Yuji Matsumoto
    • Co-related Verb Argument Selectional Preferences
  49. 言語処理学会第16回年次大会 最優秀発表賞,2010年9月2日
    • 村上浩司, 水野淳太, 後藤隼人, 大木環美, 松吉俊, 乾健太郎, 松本裕治 / Koji Murakami, Junta Mizuno, Hayato Goto, Megumi Ohki, Suguru Matsuyoshi, Kentaro Inui and Yuji Matsumoto
    • 文間意味的関係認識による言論マップ生成
  50. 情報処理学会 第72回全国大会 学会推奨修士論文認定, 2010年3月9日
    • 井之上直也
    • 日本語文章における直接照応及び間接照応の統合的解析

学術論文誌 / Journal Papers

  1. Naoko Kosaka, Akira Koyama, Tomohiro Kokogawa, Yuji Maeda, Hiroko Koumoto, Shingo Suzuki, Takeshi Yamaguchi and Kentaro Inui. Disaster Information System Using Natural Language Processing. Journal of Disaster Research, accepted.
  2. Shuangshuang Zhou, Naoaki Okazaki, Koji Matsuda, Ran Tian and Kentaro Inui. Supervised Approaches for Japanese Wikification. IPSJ Transactions on Databases (TOD), accepted.
  3. Koji Matsuda, Akira Sasaki, Naoaki Okazaki and Kentato Inui. Geographical Entity Annotated Corpus of Japanese Microblogs. Journal of Information Processing Vol. 25, pp.121-130, January 2017. (DOI: 10.2197/ipsjjip.25.121) paper
  4. Ryo Takahashi, Naoya Inoue, Yasutaka Kuriya, Sosuke Kobayashi and Kentaro Inui. Explaining Potential Risks in Traffic Scenes by Combining Logical Inference and Physics Simulation. International Journal of Machine Learning and Computing (IJMLC), Vol. 6, No. 5, pp. 248-255, October 2016. (DOI: 10.18178/ijmlc.2016.6.5.606) paper slide
  5. 山本風人, 井之上直也, 乾健太郎. 機能的なリテラルを含む公理体系における仮説推論の効率化. 自然言語処理 Vol.23, No.3, pp.267-298, June 2016.
  6. Sho Takase, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Modeling semantic compositionality of relational patterns. Engineering Applications of Artificial Intelligence, vol. 50, pp.256-264, April 2016. (doi:10.1016/j.engappai.2016.01.027)
  7. 松林優一郎, 中山周, 乾健太郎. 日本語述語項構造解析タスクにおける項の省略を伴う事例の分析. 自然言語処理 Vol.22, No.5, pp.433-461, December 2015.
  8. 成田和弥, 水野淳太, 上岡裕大, 菅野美和, 乾健太郎. 誤り分析に基づく日本語事実性解析の課題抽出. 自然言語処理, Vol.22, No.5, pp.392-432, December 2015.
    Kazuya Narita, Junta Mizuno, Yudai Kamioka, Miwa Kanno and Kentaro Inui. Understanding the technical issues in Japanese factuality analysis through error analysis. In Journal of Natural Language Processing. Vol.22, No.5, pp.392-432, December 2015. (in Japanese)
  9. Kentaro Inui, Yotaro Watanabe, Kenshi Yamaguchi, Shingo Suzuki, Hiroko Koumoto, Naoko Kosaka, Akira Koyama, Tomohiro Kokogawa, and Yuji Maeda. Computer-assisted databasing of disaster management information through natural language processing. Journal of Disaster Research, Vol.10, No.5, pp.830-844, October 2015. (doi: 10.20965/jdr.2015.p0830)
  10. Shingo Suzuki, Kentaro Inui, Kenshi Yamaguchi, Hiroko Koumoto, Naoko Kosaka, Akira Koyama, and Yuji Maeda. Study on an online communication and task management system for disaster response utilizing natural language processing. Journal of Disaster Research, Vol.10, No.5, pp.845-856, October 2015. (DOI: 10.20965/jdr.2015.p0845)
  11. 稲田和明, 松林優一郎, 乾健太郎. 日本語文書内で表現される事象間の時間的な順序関係の推定. 情報処理学会論文誌, Vol.56, No.10, pp.2054-2071, October 2015. http://id.nii.ac.jp/1001/00145529/
  12. Kazeto Yamamoto, Naoya Inoue, Kentaro Inui, Yuki Arase and Jun'ichi Tsujii. Boosting the Efficiency of First-order Abductive Reasoning Using Pre-estimated Relatedness between Predicates. International Journal of Machine Learning and Computing, Vol. 5, No. 2, pp. 114-120, April 2015. (DOI: 10.7763/IJMLC.2015.V5.493)
  13. Shuangshuang Zhou, Canasai Kruengkrai, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui. Exploring Linguistic Features for Named Entity Disambiguation. International Journal of Computational Linguistics and Applications, Vol.5 No.2, pp. 47-60, July-December 2014. paper
  14. 松林優一郎, 飯田龍, 笹野遼平, 横野光, 松吉俊, 藤田篤, 宮尾祐介, 乾健太郎. 日本語文章に対する述語項構造アノテーション仕様の考察. 自然言語処理, Vol.21 No.2, pp.333-378, April 2014. (DOI: http://doi.org/10.5715/jnlp.21.333)
  15. Naoya Inoue and Kentaro Inui. ILP-based Inference for Cost-based Abduction on First-order Predicate Logic. Journal of Natural Language Processing, Vol.20, No.5, pp. 629-656, December 2013. (DOI: 10.11185/imt.9.83)
  16. 高瀬翔, 岡崎直観, 乾健太郎. カテゴリ間の兄弟関係を活用した集合拡張. 自然言語処理, vol. 20, No. 2, pp.273-296, June 2013. paper
    Sho Takase, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui. Set Expansion Using Sibling Relationships Between Semantic Categories. In Journal of Natural Language Processing, vol. 20, No. 2, June 2013.
  17. 鍋島啓太, 渡邉研斗, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎. 訂正パターンに基づく誤情報の収集と拡散状況の分析. 自然言語処理, Vol. 20, No. 3, pp.461-484, June 2013. 10.5715/jnlp.20.461 paper
    Keita Nabeshima, Kento Watanabe, Junta Mizuno, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Extracting False Information on Twitter and Analyzing its Diffusion Processes by using Linguistic Patterns for Correction. In Journal of Natural Language Processing. Vol. 20, No. 3, pp.461-484, June 2013. 10.5715/jnlp.20.461 paper (in Japanese)
  18. 大和田裕亮, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎, 石塚満. 返信・非公式リツイートに基づくツイート空間の論述構造解析. 自然言語処理, Vol. 20, No. 3, pp.423-460, June 2013. 10.5715/jnlp.20.423 paper
    Yusuke Owada, Junta Mizuno, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui, Mitsuru Ishizuka. Analyzing the Statement Structure on Twitter using Replies to Tweets and Quoted Tweets. In Journal of Natural Language Processing. Vol. 20, No. 3, pp.423-460, June 2013. 10.5715/jnlp.20.423 paper (in Japanese)
  19. Yotaro Watanabe, Junta Mizuno, Eric Nichols, Katsuma Narisawa, Keita Nabeshima, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Leveraging Diverse Lexical Resources for Textual Entailment Recognition. ACM Transactions on Asian Language Information Processing (TALIP), Vol. 11, No. 4, pp.39:1-39:21, December 2012. 10.1145/2382593.2382600 paper (ACM)
  20. 水野淳太, 渡邉陽太郎, エリック ニコルズ, 村上浩司, 乾健太郎, 松本裕治. 文間関係認識に基づく賛成・反対意見の俯瞰. 情報処理学会論文誌, Vol.52, No.12, pp.3408-3422, December 2011. paper (IPSJ)
    Junta Mizuno, Yotaro Watanabe, Eric Nichols, Koji Murakami, Kentaro Inui, Yuji Matsumoto. Organizing Agreeing and Conflicting Opinions Based on Semantic Relation Recognition. In Journal of Information Processing Society of Japan, Vol.52, No.12, pp.3408-3422, December 2011. paper (IPSJ) (in Japanese)
  21. 岡崎直観, 辻井潤一. 集合間類似度に対する簡潔かつ高速な類似文字列検索アルゴリズム. 自然言語処理, Vol. 18, No. 2, pp. 89-118, June 2011. 論文
  22. Shuya Abe, Kentaro Inui, kazuo Hara, Hiraku Morita, Chitose Sao, Megumi Eguchi, Asuka Sumida, Koji Murakami, and Suguru Matsuyoshi. Mining personal experiences and opinions from Web documents. Web Intelligence and Agent Systems, Vol. 9, No. 2, pp. 109-121, January 2011. paper
  23. 松吉俊, 江口萌, 佐尾ちとせ, 村上浩司, 乾健太郎, 松本裕治. テキスト情報分析のための判断情報アノテーション. 電子情報通信学会論文誌, Vol.J93-D, No.6, pp.705-713, June 2010. paper
  24. 飯田龍, 小町守, 乾健太郎, 松本裕治. 述語項構造と照応関係のアノテーション: NAISTテキストコーパス構築の経験から. 自然言語処理, Vol.17, No.2, pp.25-50, April 2010.
  25. Naoya Inoue, Ryu Iida, Kentaro Inui, and Yuji Matsumoto. Resolving Direct and Indirect Anaphora for Japanese Definite Noun Phrases. Journal of Natural Language Processing, Vol.17, No.1, pp.221-246, April 2010. PDF
  26. 小町守, 飯田龍, 乾健太郎, 松本裕治. 名詞句の語彙統語パターンを用いた事態性名詞の項構造解析. 自然言語処理, Vol.17, No.1, pp.141-160, January 2010.
  27. 阿部修也, 乾健太郎, 松本裕治. 項の共有関係と統語パターンを用いた事態間関係獲得. 自然言語処理, Vol.17, No.1, pp.121−140, January 2010.
  28. 加藤義清, 河原大輔, 乾健太郎, 黒橋禎夫, 柴田知秀. Web ページの情報発信者の同定. 人工知能学会論文誌, Vol.25, No.1, pp.79-82, January 2010.

国際会議論文 / International Conferences

  1. Melissa Roemmele, Sosuke Kobayashi, Naoya Inoue and Andrew Gordon. An RNN-based Binary Classifier for the Story Cloze Test. In Proceedings of the 2nd Workshop on Linking Models of Lexical, Sentential and Discourse-level Semantics (LSDSem), to appear, April 2017.
  2. Naoya Inoue and Andrew Gordon. A Scalable Weighted Max-SAT Implementation of Propositional Etcetera Abduction. In Proceedings of the 30th International Florida Artificial Intelligence Research Society Conference (FLAIRS), to appear, May 2017.
  3. Sonse Shimaoka, Pontus Stenetorp, Kentaro Inui and Sebastian Riedel. Neural Architectures for Fine-grained Entity Type Classification. In Proceedings of the 15th Conference of the European Chapter of the Association for Computational Linguistics (EACL), April 2017. to appear
  4. Kento Watanabe, Yuichiroh Matsubayashi, Kentaro Inui, Tomoyasu Nakano, Satoru Fukayama and Masataka Goto. LyriSys: An Interactive Support System for Writing Lyrics Based on Topic Transition. In Proceedings of the 22nd Annual Meeting of the Intelligent User Interfaces Community (IUI), March 2017. to appear
  5. Naoya Inoue, Yuichiro Matsubayashi, Masayuki Ono, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Modeling Context-sensitive Selectional Preference with Distributed Representations. In Proceedings of the 26th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2016), pp. 2829-2838, December 2016.
  6. Kento Watanabe, Yuichiroh Matsubayashi, Naho Orita, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui, Satoru Fukayama, Tomoyasu Nakano, Jordan B. L. Smith and Masataka Goto. Modeling Discourse Segments in Lyrics Using Repeated Patterns. In Proceedings of the 26th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2016), pp. 1959-1969, December 2016. paper
  7. Yusuke Hara, Koji Matsuda, Masao Kuwahara, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Traffic State Estimation and Cause and Effect Understanding by Probe Data and Social Media Data. In Proceedings of the 21st International Conference of Hong Kong Society for Transportation Studies, Smart Transportation, December 2016. to appear
  8. Sho Takase, Jun Suzuki, Naoaki Okazaki, Tsutomu Hirao and Masaaki Nagata. Neural Headline Generation on Abstractive Meaning Representation. In Proceedings of the conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP 2016), pp. 1054-1059, November 2016.
  9. Takuya Yashima, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui, Kota Yamaguchi and Takayuki Okatani. Learning to Describe E-Commerce Images from Noisy Online Data. In Proceedings of the 13th Asian Conference on Computer Vision (ACCV 2016), 16 pages, November 2016.
  10. Masayasu Muraoka, Sumit Maharjan, Masaki Saito, Kota Yamaguchi, Naoaki Okazaki, Takayuki Okatani and Kentaro Inui. Recognizing Open-vocabulary Relations between Objects in Images. In Proceedings of the 30th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC 30), pp. 339-248, October 2016.
  11. Shuangshuang Zhou, Koji Matsuda, Ran Tian, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. A Pipeline Japanese Entity Linking System with Embedding Features. In Proceedings of the 30th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC 30), pp. 267-276, October 2016.
  12. Mei Uemura, Naho Orita, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Toward the automatic extraction of knowledge of usable goods. In Proceedings of the 30th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC 30), pp. 277-285, October 2016.
  13. Masatoshi Suzuki, Koji Matsuda, Satoshi Sekine, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Neural Joint Learning for Classifying Wikipedia Articles into Fine-grained Named Entity Types. In Proceedings of the 30th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC 30), pp. 535-544, October 2016.
  14. Masatoshi Suzuki, Koji Matuda, Satoshi Sekine, Naoaki Okazaki, and Kentaro Inui. Multi-label Classification of Wikipedia Articles into Fine-grained Named Entity Types. In Proceedings of the IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence, pp. 483-486, October 2016.
  15. Akira Sasaki, Junta Mizuno, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Stance Classification by Recognizing Related Events about Targets. In Proceedings of the IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence, pp. 582-587, October 2016.
  16. Sho Yokoi, Hiroshi Kajino and Hisashi Kashima. Link Prediction by Incidence Matrix Factorization. In Proceedings of the 22nd European Conference on Artificial Intelligence (ECAI 2016), pp. 1730-1731, August 2016.
  17. Sho Takase, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Composing Distributed Representations of Relational Patterns. In Proceedings of the 54th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2016), pp. 2276-2286, August 2016.
  18. Ran Tian, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Learning Semantically and Additively Compositional Distributional Representations. In Proceedings of the 54th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2016), pp. 1277--1287, August 2016.
  19. Davaajav Jargalsaikhan, Naoaki Okazaki, Koji Matsuda and Kentaro Inui. Building a Corpus for Japanese Wikification with Fine-Grained Entity Classes. In Proceedings of the ACL-2016 Student Research Workshop, pp. 138-144, August 2016.
  20. Alvin Grissom II, Naho Orita, Jordan Boyd-Graber. Incremental Prediction of Sentence-final Verbs: Humans versus Machines (CoNLL 2016). August 2016. to appear
  21. Yuki Igarashi, Hiroya Komatsu, Sosuke Kobayashi, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Tohoku at SemEval-2016 Task 6: Feature-based Model versus Convolutional Neural Network for Stance Detection. In Proceedings of the 10th International Workshop on Semantic Evaluation (SemEval), pp.413-419, June 2016.
  22. Sonse Shimaoka, Pontus Stenetorp, Kentaro Inui and Sebastian Riedel. An Attentive Neural Architecture for Fine-grained Entity Type Classification. In Proceedings of the 5th Workshop on Automated Knowledge Base Construction, pp. 69-74, June 2016.
  23. Sosuke Kobayashi, Ran Tian, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Dynamic Entity Representation with Max-pooling Improves Machine Reading. In Proceedings of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics and Human Language Technologies (NAACL-HLT 2016), pp.850-855, June 2016.
  24. Tomoya Mizumoto and Yuji Matsumoto. Discriminative Reranking for Grammatical Error Correction with Statistical Machine Translation. In Proceedings of the 2016 Conference of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics: Human Language Technologies (NAACL-HLT2016), pp. 1133-1138, June 2016.
  25. Kensuke Mitsuzawa, Maito Tauchi, Mathieu Domoulin, Masanori Nakashima and Tomoya Mizumoto. FKC Corpus: a Japanese Corpus from New Opinion Survey Service. In proceedings of the Novel Incentives for Collecting Data and Annotation from People: types, implementation, tasking requirements, workflow and results, pp. 11-18, May 2016.
  26. Corentin Dumont, Ran Tian and Kentaro Inui. Question-Answering with Logic Specific to Video Games. In Proceedings of the 10th International Conference on the Language Resources and Evaluation Conference (LREC-2016), pp. 4637-4643, May 2016.
  27. Junta Mizuno, Canasai Kruengkrai, Kiyonori Ohtake, Chikara Hashimoto, Kentaro Torisawa, Julien Kloetzer and Kentaro Inui. Recognizing Complex Negation on Twitter. In Proceedings of The 29th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC-29), pp.544-552, October 2015. paper
  28. Sho Takase, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Fast and Large-scale Unsupervised Relation Extraction. In Proceedings of the 29th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC-29), pp. 96-105, October 2015. paper
  29. Hiroya Komatsu, Ran Tian, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Reducing Lexical features in Parsing by Word Embeddings. In Proceedings of the 29th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC-29), pp.106-113, October 2015. paper
  30. Naoya Inoue, Yasutaka Kuriya, Sosuke Kobayashi and Kentaro Inui. Recognizing potential traffic risks through logic-based deep scene understanding. In Proceedings of the 22nd World Congress on Intelligent Transportation Systems (ITSWC2015), 12 pages, October 2015.
  31. Yoshiaki Kitagawa, Mamoru Komachi, Eiji Aramaki, Naoaki Okazaki, Hiroshi Ishikawa. Disease Event Detection based on Deep Modality Analysis. Proceedings of the ACL-IJCNLP 2015 Student Research Workshop, pp. 28-34, July 2015. paper
  32. Naho Orita, Eliana Vornov, Naomi Feldman, and Hal Daumé III. Why discourse affects speakers' choices of referring expressions. Proceedings of the 53rd Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics and the 7th International Joint Conference on Natural Language Processing (ACL-IJCNLP 2015) (Volume 1: Long Papers), July 2015. paper
  33. Shin Kanouchi, Mamoru Komachi, Naoaki Okazaki, Eiji Aramaki, Hiroshi Ishikawa. Who caught a cold ? - Identifying the subject of a symptom. Proceedings of the 53rd Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics and the 7th International Joint Conference on Natural Language Processing (ACL-IJCNLP 2015) (Volume 1: Long Papers), pp. 1660-1670, July 2015. paper
  34. Yudai Kamioka, Kazuya Narita, Junta Mizuno, Miwa Kanno and Kentaro Inui. Semantic Annotation of Japanese Functional Expressions and its Impact on Factuality Analysis. In Proceedings of the 9th Linguistic Annotation Workshop (LAW IX 2015), pp.52–61, June 2015. paper (ACL)
  35. Koji Matsuda, Akira Sasaki, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Annotating Geographical Entities on Microblog Text. In Proceedings of the 9th Linguistic Annotation Workshop (LAW IX 2015), pp.85–94, June 2015. paper (ACL)
  36. Paul Reisert, Naoya Inoue, Naoaki Okazaki, and Kentaro Inui. A Computational Approach for Generating Toulmin Model Argumentation. In Proceedings of the 2nd Workshop on Argumentation Mining, pp.45–55, June 2015. paper (ACL)
  37. Toshihiko Yanase, Toshinori Miyoshi, Kohsuke Yanai, Misa Sato, Makoto Iwayama, Yoshiki Niwa, Paul Reisert and Kentaro Inui. Learning Sentence Ordering for Opinion Generation of Debate. In Proceedings of the 2nd Workshop on Argumentation Mining, pp.94–103, June 2015. paper (ACL)
  38. Canasai Kruengkrai, Naoya Inoue, Jun Sugiura and Kentaro Inui. An Example-Based Approach to Difficult Pronoun Resolution. In Proceedings of the 28th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computing (PACLIC), pp.358-367, December 2014.
  39. Kento Watanabe, Yuichiroh Matsubayashi, Kentaro Inui and Masataka Goto. Modeling Structural Topic Transitions for Automatic Lyrics Generation. In Proceedings of the 28th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computing (PACLIC), pp.422-431, December 2014.
  40. Masayasu Muraoka, Sonse Shimaoka, Kazeto Yamamoto, Yotaro Watanabe, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Finding The Best Model Among Representative Compositional Models. In Proceedings of the 28th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computing (PACLIC), pp.65-74, December 2014.
  41. Shuangshuang Zhou, Canasai Kruengkrai, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui. Using a Broad Range of Linguistic Features in Entity Discovery and Linking. In Proceedings of Text Analysis Conference 2014 (TAC 2014), November 2014.
  42. Yubing Dong, Ran Tian and Yusuke Miyao. Encoding Generalized Quantifiers in Dependency-based Compositional Semantics. In Proceedings of the 28th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computing (PACLIC), pp.585-594, August 2014.
  43. Paul Reisert, Junta Mizuno, Miwa Kanno, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. A Corpus Study for Identifying Evidence on Microblogs. In Proceedings of the 8th Linguistic Annotation Workshop (LAW VIII 2014), pp.70-74, August 2014. paper (ACL)
  44. Keita Nabeshima, Junta Mizuno, Naoaki Okazaki, and Kentaro Inui. Mining False Information on Twitter for a Major Disaster Situation. In Proceedings of the 2014 International Conference on Active Media Technology (AMT2014), pp.96-109, August 2014. (DOI: 10.1007/978-3-319-09912-5_9) paper (Springer)
  45. Ran Tian, Yusuke Miyao, Takuya Matsuzaki; Efficient Logical Inference for Semantic Processing; In Proceedings of the ACL 2014 Workshop on Semantic Parsing (SP14), pp.71-75, June 2014. paper
  46. Ran Tian, Yusuke Miyao, Takuya Matsuzaki; Logical Inference on Dependency-based Compositional Semantics; In Proceedings of the 52nd Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2014), pp.79-89, June 2014. paper
  47. Kazuya Narita, Junta Mizuno and Kentaro Inui. A Lexicon-based Investigation of Research Issues in Japanese Factuality Analysis. In Proceedings of the 6th International Joint Conference on Natural Language Processing (IJCNLP 2013), pp.587-595, October 2013. paper (ACL)
  48. Kiyonori Ohtake, Jun Goto, Stijn De Saeger, Kentaro Torisawa, Junta Mizuno and Kentaro Inui. NICT Disaster Information Analysis System. In Proceedings of the 6th International Joint Conference on Natural Language Processing: System Demonstrations (IJCNLP 2013), pp.29-32, October 2013. paper (ACL)
  49. Naoaki Okazaki, Keita Nabeshima, Kento Watanabe, Junta Mizuno and Kentaro Inui. Extracting and Aggregating False Information from Microblogs. In Proceedings of the Workshop on Language Processing and Crisis Information 2013 (LPCI 2013), pp.36-43, October 2013. paper (ACL)
  50. Yotaro Watanabe, Kentaro Inui, Shingo Suzuki, Hiroko Koumoto, Mitsuhiro Higashida, Yuji Maeda and Katsumi Iwatasuki. Computer-assisted Structuring of Emergency Management Information: A Project Note. In Proceedings of the Workshop on Language Processing and Crisis Information 2013 (LPCI 2013), pp.10-18, October 2013. paper (ACL)
  51. Jun Sugiura, Naoya Inoue and Kentaro Inui. Recognizing Implicit Discourse Relations through Abductive Reasoning with Large-scale Lexical Knowledge. In Proceedings of the 1st Workshop on Natural Language Processing and Automated Reasoning (NLPAR), pp.76-87, September 2013. paper
  52. Sho Takase, Akiko Murakami, Miki Enoki, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Detecting Chronic Critics Based on Sentiment Polarity and User’s Behavior in Social Media. In Proceedings of the 51st Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics Proceedings of the Student Research Workshop, pp.110-116, August 2013. paper (ACL)
  53. Katsuma Narisawa, Yotaro Watanabe, Junta Mizuno, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Is a 204 cm Man Tall or Small? Acquisition of Numerical Common Sense from the Web. In Proceedings of the 51st Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2013), pp.382-391, August 2013. paper (ACL), slides, Supplementary material 1 Supplementary material 2
  54. Yotaro Watanabe, Yusuke Miyao, Junta Mizuno, Tomohide Shibata, Hiroshi Kanayama, Cheng-Wei Lee, Chuan-Jie Lin, Shuming Shi, Teruko Mitamura, Noriko Kando, Hideki Shima and Kohichi Takeda. Overview of the Recognizing Inference in Text (RITE-2) at NTCIR-10. In Proceedings of the 10th NTCIR Conference, pp.385-404, June 2013. paper (NTCIR)
  55. Yotaro Watanabe, Junta Mizuno and Kentaro Inui. THK's Natural Logic-based Compositional Textual Entailment Model at NTCIR-10 RITE-2. In Proceedings of the 10th NTCIR Conference, pp.531-536, June 2013. paper (NTCIR)
  56. Junta Mizuno, Kentaro Inui, Asuka Sumida, Gen Hattori and Chihiro Ono. TKDDI group at NTCIR10-RITE2: Recognizing Texual Entailment Based on Dependency Structure Alignment. In Proceedings of the 10th NTCIR Conference, pp.553-559, June 2013. paper (NTCIR)
  57. Kazuya Narita, Tetsuya Sakai, Zhicheng Dou, Young-In Song. MSRA at NTCIR-10 1CLICK-2. In Proceedings of the 10th NTCIR Conference, pp.218-224, June 2013. paper (NTCIR)
  58. Han-Cheol Cho, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Inducing Context Gazetteers from Encyclopedic Database for Named Entity Recognition. In Proceedings of the 17th Pacific-Asia Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (PAKDD 2013), pp.378-389, April 2013. paper (Springer)
  59. Jiro Umezawa, Junta Mizuno, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Evidence in Automatic Error Correction Improves Learners’ English Skill. In Proceedings of the 14th International Conference on Intelligent Text Processing and Computational Linguistics (CICLing 2013), pp.559-571, March 2013. paper (Springer)
  60. Kazeto Yamamoto, Naoya Inoue, Yotaro Watanabe, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Discriminative Learning of First-order Weighted Abduction from Partial Discourse Explanations. In Proceedings of the 14th International Conference on Intelligent Text Processing and Computational Linguistics (CICLing 2013), pp.545-558, March 2013. paper (Springer)
  61. Junta Mizuno, Eric Nichols, Yotaro Watanabe and Kentaro Inui. Organizing Information on the Web through Agreement-Conflict Relation Classification. In Proceedings of the Eighth Asia Information Retrieval Societies Conference (AIRS 2012), pp.126-137, December 2012. paper (Springer)
  62. Naoya Inoue, Ekaterina Ovchinnikova, Kentaro Inui, and Jerry R. Hobbs. Coreference Resolution with ILP-based Weighted Abduction. In Proceedings of the 24th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2012): Technical Papers, pp.1291–1308, December 2012. paper (ACL)
  63. Shohei Tanaka, Naoaki Okazaki and Mitsuru Ishizuka. Acquiring and Generalizing Causal Inference Rules from Deverbal Noun Constructions. In Proceedings of the 24th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2012): Posters, pp.1209–1218, December 2012. paper (ACL)
  64. Yotaro Watanabe, Junta Mizuno, Eric Nichols, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. A Latent Discriminative Model for Compositional Entailment Relation Recognition Using Natural Logic. In Proceedings of the 24th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2012): Technical Papers, pp.2805-2820, December 2012. paper (ACL)
  65. Sho Takase, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Set Expansion using Sibling Relations between Semantic Categories. In Proceedings of the 26th Pacific Asia Conference on Language Information and Computing, pp. 525-534, November 2012. paper
  66. Naoya Inoue and Kentaro Inui. Large-scale Cost-based Abduction in Full-fledged First-order Predicate Logic with Cutting Plane Inference. In Proceedings of the 13th European Conference on Logics in Artificial Intelligence, pp.281-293, September 2012. paper (Springer)
  67. Yuichiroh Matsubayashi, Yusuke Miyao, Akiko Aizawa. Building Japanese Predicate-argument Structure Corpus using Lexical Conceptual Structure. In Proceedings of LREC 2012, May 2012.
  68. Yuichiroh Matsubayashi, Yusuke Miyao, Akiko Aizawa. Framework of Semantic Role Assignment based on Extended Lexical Conceptual Structure: Comparison with VerbNet and FrameNet. In Proceedings of EACL 2012, pp.686-695, April 2012. PDF
  69. Yotaro Watanabe, Junta Mizuno, Eric Nichols, Katsuma Narisawa, Keita Nabeshima and Kentaro Inui. TU Group at NTCIR9-RITE: Leveraging Diverse Lexical Resources for Recognizing Textual Entailment, Proceedings of the 9th NTCIR, pp.418-421, December 2011. PDF
  70. Yuta Tsuboi, Yuya Unno, Hisashi Kashima, and Naoaki Okazaki. Fast Newton-CG Method for Batch Learning of Conditional Random Fields, Processings of the 25th AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI), 2011.
  71. Yutaka I. Leon-Suematsu, Kentaro Inui, Sadao Kurohashi, and Yutaka Kidawara. Web Spam Detection by Exploring Densely Connected Subgraphs. In Proceedings of the 2011 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence, pp.124-129, August 2011.
  72. Naoya Inoue and Kentaro Inui. ILP-based Reasoning for Weighted Abduction. In Proceedings of AAAI Workshop on Plan, Activity and Intent Recognition, August 2011. paper
  73. Yu Usami, Han-Cheol Cho, Naoaki Okazaki, Jun'ichi Tsujii. Automatic Acquisition of Huge Training Data for Bio-Medical Named Entity Recognition. In Proceedings of BioNLP 2011 Workshop, pp. 65-73, June 2011.
  74. Takuya Kawada, Susumu Akamine, Daisuke Kawahara, Yoshikiyo Kato, Yutaka I. Leon-Suematsu, Kentaro Inui, Sadao Kurohashi, and Yutaka Kidawara. Web Information Analysis for Open-domain Decision Support: System Design and User Evaluation. In Proceedings of the Joint WICOW/AIRWeb Workshop on Web Quality, 2011.
  75. Hiram Calvo, Kentaro Inui and Yuji Matsumoto. Co-related Verb Argument Selectional Preferences. In Proceedings of the 12th International Conference on Intelligent Text Processing and Computational Linguistics (CICLing), pp.133-143, 2011.
  76. Hiram Calvo, Omar J. Gambino, Alexander Gelbukh and Kentaro Inui. Dependency Syntax Analysis Using Grammar Induction and a Lexical Categories Precedence System. In Proceedings of the 12th International Conference on Intelligent Text Processing and Computational Linguistics (CICLing), pp.109-120, 2011.
  77. Megumi Ohki, Eric Nichols, Suguru Matsuyoshi, Koji Murakami, Junta Mizuno, Shouko Masuda, Kentaro Inui and Yuji Matsumoto. Recognizing Confinement in Web Texts. In Proceedings of the 9th International Conference on Computational Semantics (IWCS 2011), pp. 215-224, Oxford, UK. PDF
  78. Koji Murakami, Eric Nichols, Junta Mizuno, Yotaro Watanabe, Shouko Masuda, Hayato Goto, Megumi Ohki, Chitose Sao, Suguru Matsuyoshi, Kentaro Inui and Yuji Matsumoto. Statement Map: Reducing Web Information Credibility Noise through Opinion Classification. In Proceedings of the Fourth Workshop on Analytics for Noisy Unstructured Text Data (AND 2010), pp.59-66, Toronto, Canada, 26 October, 2010. PDF
  79. Susumu Akamine, Daisuke Kawahara, Yoshikiyo Kato, Tetsuji Nakagawa, Yutaka I. Leon-Suematsu, Takuya Kawada, Kentaro Inui, Sadao Kurohashi and Yutaka Kidawara. Organizing Information on the Web to Support User Judgments on Information Credibility. In Proceedings of the 4th International Universal Communication Symposium Proceedings (IUCS2010), pp.122-129, October, 2010.
  80. Yoshikiyo Kato, Kentaro Inui and Sadao Kurohashi. Expertise Analysis of Information Senders of Web Pages. In Proceedings of the 4th International Universal Communication Symposium Proceedings (IUCS2010), pp.134-139, October 2010.
  81. Koji Murakami, Eric Nichols, Junta Mizuno, Yotaro Watanabe, Hayato Goto, Megumi Ohki, Suguru Matsuyoshi, Kentaro Inui and Yuji Matsumoto. Automatic Classification of Semantic Relations between Facts and Opinions. In Proceedings of the Second International Workshop on NLP Challenges in the Information Explosion Era (NLPIX 2010), pp.21-30, Beijing, China, August 2010. PDF
  82. Daisuke Kawahara, Kentaro Inui and Sadao Kurohashi. Identifying contradictory and contrastive relations between statements to outline Web information on a given topic. In Proceedings of the 23rd International Conference on Computational Linguistics (COLING), poster, pp.534-542, August 2010.
  83. Koichi Takeuchi, Kentaro Inui, Nao Takeuchi and Atsushi Fujita. A Thesaurus of Predicate-Argument Structure for Japanese Verbs to Deal with Granularity of Verb Meanings. Proceedings of the 8th Workshop on Asian Language Resources, pp.1–8, Beijing, August 2010.
  84. Yotaro Watanabe, Masayuki Asahara and Yuji Matsumoto. A Structured Model for Joint Learning of Argument Roles and Predicate Senses. In Proceedings of the ACL 2010 Conference Short Papers, pages 98-102, Uppsala, Sweden, 11-16 July 2010. PDF
  85. Tetsuji Nakagawa, Kentaro Inui and Sadao Kurohashi. Dependency tree-based sentiment classification using CRFs with hidden variables. In Proceedings of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics and Human Language Technologies (NAACL-HLT), pp.786-794, June 2010.
  86. Suguru Matsuyoshi, Megumi Eguchi, Chitose Sao, Koji Murakami, Kentaro Inui and Yuji Matsumoto. Annotating event mentions in text with modality, focus, and source information. In Proceedings of the Seventh International Conference on Language Resources and Evaluation (LREC), pp.1456-1463, May 2010. paper poster

著書・訳書 / Books

  1. 福原裕一, 松林優一郎, 乾健太郎. 自然言語処理における意味・談話情報のコーパスアノテーション. 小川芳樹, 長野明子, 菊地朗 (編), コーパスからわかる言語変化・変異と言語理論, Part V, pp. 423-442, 開拓社, 2016.
  2. 乾健太郎. ネット情報の信頼性判断の技術的支援. 楠見孝, 道田泰司 (編), 批判的思考と市民リテラシー, 第14章, pp. 217-232, 誠信書房, 2016.
  3. 岡崎直観. 単語の意味をコンピュータに教える. 岩波データサイエンス, Vol. 2, 2016.
  4. 乾健太郎. 批判的思考を支援する情報システム. 楠見孝 (編), ワードマップ 批判的思考, pp.3-18, pp.276-279, 新曜社, 2015.
  5. Naoya Inoue, Ekaterina Ovchinnikova, Kentaro Inui, and Jerry R. Hobbs. Weighted Abduction for Discourse Processing Based on Integer Linear Programming. In Gita Sukthankar, Christopher Geib, Robert P. Goldman, Hung Bui, and David V. Pynadath (Eds), Plan, Activity, and Intent Recognition, Chapter 2, pp.33-56, Elsevier, March 2014.
  6. 乾健太郎,関根聡.言語資源と言語知識獲得.松本裕治 (編), 中島平三 (監修): 言語と情報科学, シリーズ 朝倉〈言語の可能性〉第6巻, 第5章,朝倉書店, July 2011.

解説記事 / Review Articles

  1. 岡崎直観. データジャーナリズムとデータ科学. 電子情報通信学会誌, Vol. 99, No. 4, pp. 339—346, April 2016.
  2. 岡崎直観. 言語処理における分散表現学習のフロンティア. 人工知能, Vol. 31, No. 2, pp. 189—201, March 2016.
  3. 折田奈甫. 話者の指示表現選択の確率モデルによる形式化(特集 認知科学と記号創発ロボティクス: 実世界情報に基づく知覚的シンボルシステムの構成論的理解に向けて). 人工知能学会誌 31(1), 91-99, 2016.
  4. 水本智也. 3.16 英文校正. 情報処理, Vol.57, No.1, pp.40-41, January 2016.
  5. 荒牧英治, 岡崎直観. 3.12 Web応用タスクにおけるエラー分析 -Twitterを用いた疾患サーベイランスを題材に-. 情報処理, Vol. 57, No. 1, pp. 32—33, January 2016.
  6. 松林優一郎. 3.3 述語項構造解析. 情報処理, Vol.57, No.1, pp. 14-15, January 2016.
  7. 乾健太郎, 関根聡. 自然言語処理技術の概要. 情報処理, Vol.57, No.1, pp.6-9, January 2016.
  8. 関根聡, 乾健太郎. Project Next NLP 〜エラー分析を通じた自然言語処理技術の推進〜. 情報処理, Vol.57, No.1, pp.3-5, January 2016.
  9. 乾健太郎. 自然言語処理. この1冊でまるごとわかる人工知能ビジネス, 日経BP社, August 2015.
  10. 乾健太郎. 言葉が分かるコンピューターを作る. 河北新報「科学の泉」, December 2014.
  11. 乾健太郎. ネットにあふれる健康・医療情報の信頼性をどう担保するか? 〜自然言語処理からの情報科学的アプローチ〜. 仙台医師会報, 2014年4月号, April 2014.
  12. 乾健太郎. ビッグデータから知をつむぐ自然言語処理. 翠巒, 第28号, March 2014.
  13. 鳥海不二夫,榊剛史,岡崎直観. 「人工知能」の表紙に関するTweetの分析. 人工知能, Vol. 29, No. 2, pp. 172—181, March 2014. 記事
  14. 岡崎直観, 鍋島啓太, 乾健太郎 言語処理による分析-日本栄養士会活動報告の分析. 日本栄養士会雑誌, Vol.55, No.12, pp.6−8, December 2012.
  15. 中村哲,磯谷亮輔,乾健太郎,柏岡秀紀,河井恒,河原達也,木俵豊,黒橋禎夫,隅田英一郎,関根聡,鳥澤健太郎,堀智織,松田繁樹.Web時代の音声・言語技術.電子情報通信学会誌, Vol. 94, No. 6, 2011. PDF
  16. 乾健太郎. 問題を考える. 自然言語処理, 巻頭言, Vol.17, No.1, January 2010. PDF

招待講演等 / Invited Talks

  1. 乾健太郎. 自然言語処理のフロンティア. 横浜国立大学研究集会「新たな数理科学の可能性に向けて:IoT・人工知能・量子ウォークとその周辺」, December 2016.
  2. 乾健太郎. 言葉を理解する人工知能のいま 〜自然言語処理の基礎からフロンティアまで〜. 宮城県高等学校情報科教育研究会研究大会, November 2016.
  3. 乾健太郎. 文章の「行間」を読むコンピュータの実現を目指して. 日立ソリューションズ東日本事業化発表会, November 2016.
  4. 乾健太郎. 言葉がわかる人工知能をつくる 〜自然言語処理の挑戦〜. 新宿高校, October 2016.
  5. Kentaro Inui. Commonsense Reasoning for Natural Language Discourse Understanding. Bilateral Workshop between Tohoku University and National Tsing Hua University, Plenary Speech, October 2016.
  6. 乾健太郎, 関根聡. 「行間を読む」言語理解のための知識と推論. 第4回けいはんなエジソンの会, October 2016.
  7. 岡崎 直観. 自然言語処理における深層ニューラルネットワーク. Prometech Simulation Conference 2016 Deep Learning セッション 講演2, JPタワーホール&カンファレンス(東京都), September 2016.
  8. 岡崎 直観. 言語処理における常識的知識の獲得・活用. 第32回ファジィシステムシンポジウム, 佐賀大学 本庄キャンパス(佐賀県), September 2016.
  9. Kentaro Inui. Computational Models of Commonsense Reasoning for Natural Language Discourse Understanding. AEARU Web Technology and Computer Science Workshop 2016, September 2016.
  10. 乾健太郎. 自然言語処理との付き合い方 〜災害対応とメディアを例に〜. 日本原子力学会HMS研究部会2016年度夏期セミナー, July 2016.
  11. 乾健太郎. 言葉がわかる人工知能をつくる 〜自然言語処理の挑戦〜. 仙台第三高校, October 2016.
  12. 岡崎直観. 深層ニューラルネットワークによる知識の自動獲得や推論. 第71回人工知能セミナー「Deep Learning技術の仕組みと自然言語処理への応用」, June 2016.
  13. 乾健太郎. Businnovare - PwC Technology Day -, パネリスト, June 2016.
  14. 折田奈甫. 理性的発話行為モデルチュートリアル. 関西心理言語学研究会. June 2016.
  15. 田 然, 岡崎直観, 乾健太郎. 関係代数の意味論に基づく含意関係認識. 人工知能学会第30回全国大会, 3O4-OS-04b-1, June 2016.
  16. 乾健太郎. 言葉を理解する人工知能のいま ~自然言語処理・人工知能から見える社会・産業のスマート化~. 産学連携セミナー「第102回寺子屋せんだい」, May 2016.
  17. 乾健太郎. 自然言語処理を活用した防災情報の整理と共有. 仙台防災未来フォーラム2016「『しなやかな社会』の情報通信ネットワークを目指して」, March 2016.
  18. 乾健太郎. もしも災害で情報が混乱してしまったら 〜自然言語処理を活用した防災情報の整理と共有〜. 東北大学大学院情報科学研究科シンポジウム「『情報科学』から『防災』を考える」, March 2016.
  19. 岡崎直観. 研究室における研究・実装ノウハウの共有. 言語処理学会第22回年次大会ワークショップ「論文に書かない(書けない)自然言語処理」, March 2016.
  20. 井之上直也. 説明生成に基づく交通シーンの危険予測. 自動車技術会第14回エレクトロニクス部門委員会, February 2016.
  21. 乾健太郎. 自然言語処理・人工知能から見るビッグデータの今と未来. 第1回 ビッグデータ車座 in 仙台, January 2016.
  22. 岡崎直観. 単語・句の分散表現の学習. WebDB Forum 2015 特別セッション3: Deep Learningと自然言語処理, November 2015.
  23. 乾健太郎. 人工知能研究から見えるスマート社会の地平. 東北大学電気・情報系東京フォーラム, 基調講演, November 2015.
  24. 乾健太郎. 言葉がわかる人工知能をつくる 〜自然言語処理の挑戦〜. 仙台第一高校, October 2015.
  25. 乾健太郎. 言葉がわかるコンピュータをつくる 〜言葉の不思議と自然言語処理の最前線〜. 東北大学祭模擬講義, October 2015.
  26. 乾健太郎. 大規模知識獲得で深化する自然言語処理のフロンティア. モバイル・コンテンツ・フォーラム「モバイルビジネスの発展を実現する人工知能の活用とは」, October 2015.
  27. 岡崎直観. 言葉を操るコンピューターの最前線. ITFOR ユーザー会 エグゼクティブセミナー, October 2015.
  28. 乾健太郎. 言葉がわかる人工知能をつくる 〜自然言語処理の挑戦〜. 宮城第一高校, October 2015.
  29. 乾健太郎. 審査委員としての視点による説明. 平成27年度科研費学内説明会, September 2015.
  30. 乾健太郎, 松林優一郞. 言語コーパスへの重層的意味情報付与 〜自然言語処理から見たコーパス分析〜. 言語変化・変異研究ユニット第二回ワークショップ「コーパスからわかる言語の可変性と普遍性」, September 2015.
  31. 折田奈甫.話者の指示表現選択の確率モデル.日本認知科学会サマースクール2015. August/September 2015.
  32. 乾健太郎. 自然言語処理による情報編集. SmartNews Tech Night Vol.3, August 2015. スライド
  33. Naho Orita.Computational modeling of how speakers and learners use discourse information (with some Bayesian introduction). Symposium on Language Acquisition at the Intersection of Theoretical, Experimental, and Computational Approaches, Tokyo, August 2015.
  34. 岡崎直観. 単語の分散表現と構成性の計算モデルの発展. 2015年度人工知能学会全国大会(第29回), OS-1 意味と理解のコンピューティング (2), May 2015.
  35. 乾健太郎. 「行間を読む」自然言語処理への挑戦 〜知識、学習、推論、そしてグラウンディング〜. 第18回画像の認識・理解シンポジウム (MIRU), 特別講演, July 2015.
  36. 乾健太郎. 自然言語処理から見える知能情報技術の近未来. JASA東北 知能情報フェスタ, March 2015.
  37. 乾健太郎. ビッグデータで加速する自然言語処理. 東北IT推進機構 勉強会, March 2015.
  38. 乾健太郎. 自然言語処理の立場から見た近未来. 情報処理学会第77回全国大会「トップランナーが語るITの未来」, March 2015.
  39. 田然. 自然言語を意味表現に変換する手法と展望. 言語処理学会第21回年次大会・チュートリアル, March 2015. スライド
  40. Kentaro Inui. Modeling "Reading between the Lines" Based on Scalable and Trainable Abduction and Large-scale Knowledge Acquisition. Workshop on Deep and Large-Scale Semantic Processing: The Way Ahead. Trento, March 2015.
  41. 岡崎直観. 言語処理による災害情報の分析と集約. 情報処理学会 第196回コンピュータビジョンとイメージメディア研究発表会, March 2015.
  42. 乾健太郎. 計算機によるデータに基づく言い換え. 第6回産業日本語研究会・シンポジウム, February 2015.
  43. 平田圭二,塚本昌彦,乾健太郎.《特別鼎談》編集長3人は語り尽くせなかった.情報処理, Vol.51, No.1, pp.86-92, 2015.
  44. Kentaro Inui. Modeling "Reading between the Lines" Based on Scalable and Trainable Abduction and Large-scale Knowledge Acquisition. NII Shonan Meeting Seminar 057: Towards Explanation Production Combining Natural Language Processing and Logical Reasoning, November 2014.
  45. 乾健太郎. 言葉がわかるコンピュータを創るには 〜言葉の不思議と自然言語処理の最前線〜. 東北大学祭模擬講義, November 2014. スライド
  46. 松林優一郎. 持続可能なコーパスアノテーションについて考える ~述語項構造アノテーションを例にとって~. 情報処理学会第218回自然言語処理研究会, September 2014.
  47. 岡崎直観. 言葉を操るコンピュータの最前線 ― 自然言語処理の基礎からビッグデータへの応用まで. QuickSolutionイノベーション・フォーラム2014, June 2014.
  48. 乾健太郎. ビッグデータ時代の自然言語処理. テレコムサービス協会東北支部セミナー, May 2014.
  49. 乾健太郎. 知のメディアへ:自然言語処理からの展開. 人工知能学会全国大会特別セッション「人間と調和した創造的協働を実現する知的情報処理システム」, May 2014.
  50. 岡崎直観. 自然言語処理によるビッグデータ分析. 宮城野ロータリークラブ通常例会, March 2014.
  51. 岡崎直観, 津田大介, 奥山晶二郎. ジャーナリズム再考:ビッグデータとテクノロジー. ソーシャルメディアウィーク東京2014, 浜離宮朝日ホール(東京都), February 2014.
  52. 乾健太郎. ソーシャルメディア時代のソーシャルリスニング. 仙台泉倫理法人会モーニングセミナー, January 2014.
  53. 乾健太郎. ビッグデータから知をつむぐ自然言語処理. 第13回東北大学-NTT技術交流会, December 2013.
  54. 乾健太郎. 言葉が少しわかるようになったコンピュータの使い方. 仙台エコーライオンズクラブ, November 2013.
  55. 乾健太郎. ビッグデータから知をつむぐ自然言語処理. 東北大学 電気・情報 東京フォーラム, November 2013. 動画
  56. 乾健太郎. ビッグデータと対話する自然言語処理. お茶の水女子大学情報科学科 理学総論, November 2013. スライド
  57. 渡邉陽太郎. 自然言語処理分野におけるディープラーニングの現状. IBIS2013 企画セッション:ディープラーニング, November 2013. スライド
  58. 岡崎直観. 言葉を操る賢いコンピュータとそのビッグデータへの応用. 東京大学大学院情報理工学研究科・融合情報学特別講義, October 2013.
  59. 岡崎直観. ACL 2013 参加報告 ~ 会議概要と応用技術 ~. 第3回テキストマイニング・シンポジウム, October 2013.
  60. 岡崎直観. 大規模データを利活用する自然言語処理. 東京大学大学院情報理工学研究科コンピュータ科学専攻講演会, October 2013.
  61. 乾健太郎. 自然言語処理から見たビッグデータの可能性. ITCみやぎ・SAAJ東北・JISTA東北ワークショップ2013, October 2013.
  62. 乾健太郎. 「行間を読む」自然言語処理への挑戦. 豊田工業大学第9回ジョイントCSセミナー, October 2013.
  63. 乾健太郎. ソーシャルメディア時代のソーシャルリスニング. 仙台青葉倫理法人会モーニングセミナー, October 2013.
  64. 乾健太郎. 耐災害ICTを目指す自然言語処理. 東北大学電気通信研究機構シンポジウム, July 2013. スライド
  65. 乾健太郎, 岡崎直観. 自然言語処理によるネット情報分析、およびツイート分析と報道. 三金会, 仙台, July 2013.
  66. 乾健太郎. ビッグデータと対話する自然言語処理. 東京大学大学院情報理工学研究科コンピュータ科学専攻講演会, July 2013. スライド
  67. 乾健太郎. ビッグデータ時代の自然言語処理. 東北データベースソサエティ, June 2013. スライド
  68. 乾健太郎.大学でワクワクするためのいくつかのヒント 〜言葉がわかるコンピュータの話とともに〜,仙台第三高等学校,May 2013.PDF
  69. 乾健太郎. 言葉がわかるコンピューターはどこまでできたか ~言葉の不思議と自然言語処理の最前線. 東北大学サイエンスカフェ, February 2013. 概要(河北新報社), スライド, 動画(YouTube)
  70. 乾健太郎. ビッグデータ時代の自然言語処理. 鹿児島大学情報工学科先端科学特別講義, February, 2013.
  71. 渡邉陽太郎. 言語処理分野における統計的機械学習の発展. 情報数物研究会, November 2012.
  72. 乾健太郎. 言葉が少しわかるようになったコンピュータの使い方. 仙台はなもく七三会. November 2012. スライド
  73. 岡崎直観. EMNLP 2012 参加報告. NLP若手の会 第7回シンポジウム, September 2012. スライド
  74. 乾健太郎.ネット情報の信頼性分析を支援する言語処理技術.第86回デジタルドキュメント研究会,July 2012.
  75. 乾健太郎. 大規模言語資源時代の意味談話処理. 言語処理学会第18回年次大会チュートリアル講演,March 2012. スライド(最終版)
  76. 渡邉陽太郎, 水野淳太. 含意関係認識の現状と課題. 東ロボプロジェクト 講演会. February 2012.
  77. Kentaro Inui. Toward deep processing of language in the era of large-scale knowledge resources: Time for formal semantics to meet NLP again. In Proceedings of the 8th International Workshon on Logic and Engineering of Natural Language Semantics (LENLS8), December 2011.
  78. Kentaro Inui and Naoya Inoue. Scalable Abduction for Deep NLP. The Shonan Meeting on Knowledge-leveraged Computational Thinking through Natural Language Processing and Statistical Logic, September 2011.
  79. 乾健太郎. 大規模言語資源に基づくWeb情報の組織化. ALAGINシンポジウム2011, September, 2011.
  80. 乾健太郎. ネット情報の信頼性を検証するための技術的支援. 情報アクセスシンポジウム2011, September 2011.
  81. 乾健太郎. 自然言語処理の新展開とウェブ情報編集の未来像. 東北大学大学院国際文化研究科第11回「言語・脳・認知」コロキアム, December 2010. スライド
  82. 乾健太郎. 大規模言語/世界知識に基づく次世代Web情報分析. 電子情報通信学会コンピュテーション研究会, October 2010.
  83. 乾健太郎. コーパスへの意味的注釈の重層的付与. 英語コーパス学会第36回大会シンポジウム「コーパスにおける言語的注釈と自然言語処理技術」, October 2010. スライド
  84. 乾健太郎. コミュニケーションの条件と言語情報編集技術. 東北大学情報科学研究科第4回総合科学を考えるセミナー, October 2010.
  85. 乾健太郎. 大規模知識に基づく言語情報処理と次世代ウェブ情報編集の可能性. 北海道大学大学院情報科学研究科GCOE講演会, June 2010. スライド
  86. 乾健太郎. 大規模言語/世界知識に基づくWeb情報編集の高度化. 電子情報通信学会思考と言語研究会, May 2010.

国内学会 / Domestic Conferences

  1. 横井祥, 持橋大地, 岡崎直観, 乾健太郎. カーネル法を用いた従属性の高い部分木ペアの教師なし推定. 第19回情報論的学習理論ワークショップ, November 2016.
  2. 鶴田崇仁, 松田耕史, 岡崎直観, 乾健太郎. seq2seqモデルに基づく略語の自動生成. 第11回NLP若手の会 シンポジウム, August 2016.
  3. 清野舜, 岡崎直観, 乾健太郎. 質問応答タスクの設定と文章読解モデルの比較・検討. 第11回NLP若手の会 シンポジウム, August 2016.
  4. 横井祥, 持橋大地, 岡崎直観, 乾健太郎. 独立性判定基準に基づく知識の汎化. 第11回NLP若手の会 シンポジウム, August 2016.
  5. 佐々木翔大, 高瀬翔, 井之上直也, 岡崎直観, 乾健太郎. 分散表現を用いた因果関係のモデル化. 第11回NLP若手の会 シンポジウム, August 2016.
  6. 栗原理聡, 水本智也, 松田耕史, 乾健太郎. 地理情報に対する実体験に焦点を当てた意見抽出に向けて. 第11回NLP若手の会 シンポジウム, August 2016.
  7. 小林颯介, 岡崎直観, 乾健太郎. 共参照関係に基づく分散表現の共有と動的更新. 第11回NLP若手の会 シンポジウム, August 2016.
  8. 珊瑚彩主紀, 松田耕史, 岡崎直観, 乾健太郎. ツイート中の地理情報に対する時間的極性の自動推定. 人工知能学会第30回全国大会予稿集, 1J3-1, 4 pages, June 2016. paper
  9. 佐藤祥多, 井之上直也, 乾健太郎, 渡部生聖, 樋口佐和. 因果関係に基づく雑談対話発話生成の試み. 人工知能学会第30回全国大会予稿集, 2O5-OS-23b-1, 4 pages, June 2016. paper
  10. 渡邉研斗, 松林優一郎, 乾健太郎, 深山覚, 中野倫靖, 後藤真孝. ストーリー展開と一貫性を同時に考慮した歌詞生成モデル. 人工知能学会第30回全国大会予稿集, 2K3-1, 4 pages, June 2016. paper
  11. 高橋諒, 井之上直也, 栗谷康隆, 山本風人, 乾健太郎. 交通オントロジーと説明生成に基づく交通危険予測. 人工知能学会第30回全国大会予稿集, 4I4-1, 4 pages, June 2016. paper
  12. 関根聡, 安藤まや, 松田耕史, 鈴木正敏, 乾健太郎. 「拡張固有表表現+Wikipedia」データ. pp.41-44, 言語処理学会第22回年次大会予稿集, pp.41-44, March 2016.
  13. 水本智也, 松本裕治. リランキングによる文法誤り訂正/訂正候補提示の性能改善. 言語処理学会第22回年次大会予稿集, pp.63-66, March 2016.
  14. 上村明衣, 折田奈甫, 岡崎直観, 乾健太郎. 利用物に関する知識のコーパスアノテーション. pp.405-408, 言語処理学会第22回年次大会予稿集, pp.405-408, March 2016.
  15. 三澤賢祐, 田内真惟人, Mathieu Domoulin, 中島正成, 水本智也. ネガティブ評判情報に特化したコーパスの構築と分析. 言語処理学会第22回年次大会予稿集, pp.501-504, March 2016.
  16. 村岡雅康, Sumit Maharjan, 齋藤真樹, 山口光太, 岡崎直観, 岡谷貴之, 乾健太郎. pp.669-672, 画像説明文生成に向けた物体間の関係の認識. 言語処理学会第22回年次大会予稿集, pp.669-672, March 2016.
  17. 三田雅人, 水本智也, 松本裕治. 文脈を考慮した前置詞誤り訂正に向けた前置詞とその潜在意味関係の同時解析. 言語処理学会第22回年次大会予稿集, pp.677-680, March 2016.
  18. Davaajav Jargalsaikhan, 岡崎直観, 松田耕史, 乾健太郎. 日本語Wikificationコーパスの構築に向けて. 言語処理学会第22回年次大会予稿集, pp.793-796, March 2016.
  19. 鈴木正敏, 松田耕史, 関根聡, 岡崎直観, 乾健太郎. Wikipedia記事に対する拡張固有表現ラベルの多重付与. 言語処理学会第22回年次大会予稿集, pp.797-800, March 2016.
  20. Dumont Corentin, 田然, 乾健太郎. An Ontology for Question-Answering on Minecraft. 言語処理学会第22回年次大会予稿集, pp.821-824, March 2016.
  21. 大野雅之, 井之上直也, 松林優一郎, 岡崎直観, 乾健太郎. 分散表現による文脈情報を用いた選択選好モデル. 言語処理学会第22回年次大会予稿集, pp.885-888, March 2016.
  22. 井之上直也, 岡崎直観, 乾健太郎. 感情状態に基づく因果関係推論の一般化. 言語処理学会第22回年次大会予稿集, pp.889-892, March 2016.
  23. 三澤賢祐, 田内真惟人, Mathieu Domoulin, 中島正成, 水本智也. 意見投稿プラットフォームにおける意見クラスタリングの試み. 言語処理学会第22回年次大会予稿集, pp.1037-1040, March 2016.
  24. 小林颯介, 田然, 岡崎直観, 乾健太郎. 談話内における局所文脈の動的分散表現. 言語処理学会第22回年次大会予稿集, pp.1137-1140, March 2016.
  25. 大野雅之, 井之上直也, 松林優一郎, 岡崎直観, 乾健太郎. 分散表現に基づく選択選好モデルの文脈化. 情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告, Vol.2016-NL-225, No.1, pp.1-9, January 2016. paper
  26. 小林颯介, 海野裕也, 福田昌昭. 再帰型ニューラルネットワークを用いた対話破綻検出と言語モデルのマルチタスク学習. 第75回言語・音声理解と対話処理研究会, B5-02, pp.41-46, October 2015.
  27. Paul Reisert, Naoya Inoue, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui. Determining Argument Strength and Consistency using a Causality-based Knowledge Graph. 第10回NLP若手の会 シンポジウム, September 2015.
  28. 渡邉研斗, 松林優一郎, 乾健太郎, 深山覚, 中野倫靖, 後藤真孝. ストーリー展開を考慮した自動歌詞生成システム. 第10回NLP若手の会 シンポジウム, September 2015.
  29. 鈴木正敏, 松田耕史, 関根聡, 岡崎直観, 乾健太郎. Wikipediaエントリの拡張固有表現階層への自動分類. 第10回NLP若手の会 シンポジウム, September 2015.
  30. 周双双, 岡崎直観, 乾健太郎. Exploring the Challenges of Entity Linking in Knowledge-based Question Answering. 第10回NLP若手の会 シンポジウム, September 2015.
  31. 横井祥, 梶野洸, 鹿島久嗣. 接続行列分解による関係予測. 人工知能学会第29回全国大会, June 2015.
  32. 大江貴裕, 水野淳太, 稲田和明, 乾健太郎. 文間弱対立関係認識のためのNatural Logicの拡張. 人工知能学会第29回全国大会, 4K1-4in, 4 pages, June 2015. paper (JSAI)
  33. 柳井孝介, 三好利昇, 柳瀬利彦, 佐藤美沙, 丹羽芳樹, Reisert Paul, 乾健太郎. ディベート人工知能における意見生成. 人工知能学会第29回全国大会, 3M3-2in, 3 pages, June 2015. paper (JSAI)
  34. 清野舜, 渡邉研斗, 岡崎直観, 乾健太郎. Bi-gram連接表と単語列変形規則に基づく回文自動生成. 人工知能学会第29回全国大会, 3G3-OS-05a-6, 4 pages, June 2015. paper (JSAI)
  35. 高瀬翔, 岡崎直観, 乾健太郎. 関係知識獲得のための意味表現の学習. 人工知能学会第29回全国大会, 2C3-OS-06b-2, 4 pages, May 2015. paper (JSAI)
  36. 栗原理聡, 佐々木彬, 松田耕史, 岡崎直観, 乾健太郎. Twitterを利用した地域毎の要望抽出. 人工知能学会第29回全国大会, 1H3-3, 4 pages, May 2015. paper (JSAI)
  37. 小松 広弥,田 然,岡崎 直観,乾 健太郎. 単語分散表現のshift-reduce型構文解析への利用. 情報処理学会研究報告 自然言語処理(NL)March 2015.
  38. 小林颯介, 井之上直也, 栗谷康隆, 近藤敏之, 安部克則, 奥野英一, 乾健太郎. 物理モデルと論理推論の統合による運転シーンの潜在的危険の予測. 自動車技術会 2015年春季大会学術講演会講演予稿集, pp.1076-1081, May 2015.
  39. 五十嵐祐貴, 大野雅之, 岡崎直観, 乾健太郎. キーワードの自動拡張に基づくイベント言及ツイートの収集. 言語処理学会第21回年次大会, pp.214-217, March 2015.
  40. 周双双, Canasai Kruengkrai, 乾健太郎. Exploring Linguistic Features for Cross-document Named Entity Disambiguation. 言語処理学会第21回年次大会, pp.373-376, March 2015.
  41. 山本風人, 井之上直也, 乾健太郎. 言語処理のための仮説推論エンジン Phillip. 言語処理学会第21回年次大会, pp.377-380, March 2015.
  42. 高瀬翔, 岡崎直観, 乾健太郎. 構成性に基づく関係パタンの意味計算. 言語処理学会第21回年次大会, pp.640-643, March 2015.
  43. Paul Reisert, Naoya Inoue, Kentaro Inui, Toshihiko Yanase, Kohsuke Yanai. Computationalizing a Toulmin Model for Argumentation Generation. 言語処理学会第21回年次大会, pp.828-831, March 2015.
  44. 中山周, 松林優一郎, 乾健太郎. 日本語述語項構造解析のための統語パターン分析. 言語処理学会第21回年次大会, pp.1028-1031, March 2015.
  45. 成田和弥, 水野淳太, 上岡裕大, 菅野美和, 乾健太郎. 機能表現に基づく日本語事実性解析. 言語処理学会第21回年次大会, pp.1032-1035, March 2015.
  46. 宇津木舞香, 稲田和明, 金子貴美, 戸次大介, 乾健太郎. 形式意味論に基づく出来事間関係認識に向けて-リソース構築の展望とテンス「タ」のアノテーション. 言語処理学会第21回年次大会, pp.1036-1039, March 2015.
  47. Maharjan Sumit, 齋藤真樹, 山口光太, 岡崎直観, 岡谷貴之, 乾健太郎. Learning Visual Attributes from Image and Text. 言語処理学会第21回年次大会, pp.1048-1051, March 2015.
  48. 渡邉研斗, 松林優一郎, 乾健太郎, 後藤真孝. 大規模歌詞データからの潜在的トピック遷移のモデル化. 情報処理学会 第77回全国大会予稿集, pp.371-372, March 2015.
  49. 上岡裕大, 成田和弥, 菅野美和, 水野淳太, 乾健太郎. 日本語文における機能表現意味ラベル付与と事実性解析への効果. 情報処理学会 第77回全国大会予稿集, pp.221-222, March 2015.
  50. 稲田和明, 松林優一郎, 乾健太郎. 日本語文内で表現されるイベント間の時間的な順序関係の認識. 情報処理学会 第77回全国大会予稿集, pp.225-226, March 2015.
  51. 松田耕史, 佐々木 彬, 岡崎直観, 乾健太郎. 場所参照表現タグ付きコーパスの構築と評価. 情報処理学会研究報告 自然言語処理(NL), 2015-NL-220(12), pp.1-10, January 2015.
  52. 渡邉研斗, 松林優一郎, 乾健太郎, 後藤真孝. 実用的な自動歌詞生成に向けて. 第9回NLP若手の会 シンポジウム, September 2014.
  53. 上岡裕大, 菅野美和, 成田和弥, 水野淳太, 乾健太郎. 述部機能表現に対する意味ラベル付与と事実性解析への適用. 第9回NLP若手の会 シンポジウム, September 2014.
  54. 井之上直也, 杉浦純, Canasai Kruengkrai, 乾健太郎. 共参照解析のための事象間関係知識の一般化に向けて. 第9回NLP若手の会 シンポジウム, September 2014.
  55. 岡崎直観, 乾健太郎. Word2vecの並列実行時の学習速度の改善. 情報処理学会研究報告 自然言語処理(NL), 2014-NL-217(8), pp.1-5, July 2014.
  56. 高瀬翔, 岡崎直観, 乾健太郎. 近似頻度計測手法を用いた大規模データからの関係獲得. 情報処理学会研究報告 自然言語処理(NL), 2014-NL-217(9), pp.1-9, July 2014.
  57. 鳥海不二夫, 榊剛史, 岡崎直観. 「人工知能」の表紙に関するツイートの分析・続報. 第4回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(WI2研究会), 9, May 2014.
  58. 上岡裕大, 成田和弥, 水野淳太, 乾健太郎. 述部機能表現に対する意味ラベル付与. 情報処理学会 第216回自然言語処理研究会・第101回 音声言語情報処理研究会, Vol.2014-NL-216/Vol.2014-SLP-101, No.9, pp.1-9, May 2014. PDF
  59. 船木洋晃, 佐々木彬, 岡崎直観, 乾健太郎, 深田陽介, 竹下隆一郎, 田森秀明, 野澤博. インターネット上の当選運動・落選運動の分析. 人工知能学会第28回全国大会, 1K3-2, May 2014.
  60. 乾健太郎. 曖昧になる境界、散り散りになる課題. 言語処理学会第20回年次大会ワークショップ「自然言語処理の発展に向けた情報共有・討論」, March 2014.
  61. 高瀬翔, 岡崎直観, 乾健太郎.高速な類似度計算手法による関係パタンのクラスタリング. 言語処理学会第20回年次大会, pp.47-50, March 2014.
  62. Eric Nichols, Paul Reisert. DGrep: A Pattern-matching Tool for Dependency Trees. 言語処理学会第20回年次大会, pp.165-168, March 2014.
  63. 佐々木彬, 五十嵐祐貴, 渡邉陽太郎, 乾健太郎. 場所参照表現のグラウンディングに向けて. 言語処理学会第20回年次大会, pp.177-180, March 2014.
  64. 稲田和明, 松林優一郎, 乾健太郎. 同一文内の表現対を対象とした日本語における時間関係認識. 言語処理学会第20回年次大会, pp.348-351, March 2014.
  65. 松林優一郎, 乾健太郎. 統計的日本語述語項構造解析のための素性設計再考. 言語処理学会第20回年次大会, pp.360-363, March 2014.
  66. Paul Reisert, Junta Mizuno, Miwa Kanno, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui. An Investigation of Evidence Relations within Social Media Conversations. 言語処理学会第20回年次大会, pp.686-689, March 2014.
  67. 渡邉研斗, 松林優一郎, 乾健太郎, 後藤真孝. 大局的な構造を考慮した歌詞自動生成システムの提案. 言語処理学会第20回年次大会, pp.694-697, March 2014.
  68. 杉浦純, 井之上直也, 乾健太郎. 共参照解析における事象間関係知識の適用. 言語処理学会第20回年次大会, pp.713-716, March 2014.
  69. 井之上直也, 杉浦純, 乾健太郎. 共参照解析のための事象間関係知識の文脈化. 言語処理学会第20回年次大会, pp.717-720, March 2014.
  70. 渡邉陽太郎, 佐々木彬, 五十嵐祐貴, 岡崎直観, 乾健太郎. 実世界指向情報構造化支援のための情報抽出技術. 言語処理学会第20回年次大会, pp.1003-1006, March 2014.
  71. 島岡聖世, 村岡雅康, 山本風人, 渡邉陽太郎, 岡崎直観, 乾健太郎. ガウス分布による単語と句の意味の分布的表現. 言語処理学会第20回年次大会, pp.1051-1054, March 2014.
  72. 村岡雅康, 島岡聖世, 山本風人, 渡邉陽太郎, 岡崎直観, 乾健太郎. 係り受け関係を用いた句ベクトルの生成. 言語処理学会第20回年次大会, pp.1055-1058, March 2014.
  73. 乾健太郎, 岡崎直観. 情報信頼性の検証への自然言語処理的アプローチ. 人工知能学会第69回言語・音声理解と対話処理研究会(SIG-SLUD), December 2013.
  74. 松林優一郎, 飯田龍, 笹野遼平, 横野光, 松吉俊, 藤田篤, 宮尾祐介, 乾健太郎. 日本語述語項構造アノテーションに関わる諸問題の分析. 情報処理学会 第214回自然言語処理研究会, November 2013.
  75. 岡崎直観, 佐々木彬, 乾健太郎, 阿部博史, 石田望. ツイッター分析に基づく福島県産桃に対する風評の実態解明とその対策. 第26回日本リスク研究学会年次大会, B-5-3, November 2013.
  76. 渡邉陽太郎, 乾健太郎. 防災情報データベース化支援システム. ALAGIN & NLP若手の会 合同シンポジウム, September 2013.
  77. Daiqin, Naoya Inoue, Kentaro Inui, Naoaki Okazaki. Acquisition of Inference Rules for Distinct Relative Entities. ALAGIN & NLP若手の会 合同シンポジウム, September 2013.
  78. 成田和弥, 水野淳太, 乾健太郎. 事実性解析における否定のスコープ解析. ALAGIN & NLP若手の会 合同シンポジウム, September 2013.
  79. 渡邉研斗, 岡崎直観, 乾健太郎. ツイッターからの社会の「論点」を探る. ALAGIN & NLP若手の会 合同シンポジウム, September 2013.
  80. 水野淳太, 成田和弥, 乾健太郎, 大竹清敬, 鳥澤健太郎. 拡張モダリティ解析器の試作と課題分析. ALAGIN & NLP若手の会 合同シンポジウム, September 2013.
  81. 佐々木彬, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎. 機械学習に基づくマイクロブログ上のテキストの正規化. 人工知能学会第27回全国大会, 4B1-4, June 2013.
  82. 佐藤雅宏, 岡崎直観, 乾健太郎. マイクロブログにおける同意・反論関係を用いた情報信頼度推定. 人工知能学会第27回全国大会, 3E4-1, June 2013.
  83. 佐藤貴大, 岡崎直観, 乾健太郎. ウェブ文書の構造を利用した場所名・住所ペアの獲得. 人工知能学会第27回全国大会, 3E3-5, June 2013.
  84. 車智修, 鍋島啓太, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎. 文章構造を用いたWhy型質問応答システム. 人工知能学会第27回全国大会, 3B1-1, June 2013.
  85. 成田和弥, 水野淳太, 乾健太郎. 語彙知識と構成性に基づく日本語事実性解析. 言語処理学会第19回年次大会, pp.98-101, March 2013.
  86. 渡邉研斗, 鍋島啓太, 岡崎直観, 乾健太郎. Twitter上での誤情報と訂正情報の自動分類. 言語処理学会第19回年次大会, pp178-181 March 2013.
  87. 鍋島啓太, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎. マイクロブログからの誤情報の発見と集約. 言語処理学会第19回年次大会, pp182-185 March 2013.
  88. 高瀬翔, 村上明子, 榎美紀, 岡崎直観, 乾健太郎. ソーシャルメディア上の発言とユーザー間の関係を利用した批判的ユーザーの抽出. 言語処理学会第19回年次大会, pp260-263, March 2013.
  89. 成澤克麻, 渡邉陽太郎, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎. 数量の大小の自動判定:「彼は身長が2mある」は高いか低いか. 言語処理学会第19回年次大会, March 2013. paper poster
  90. 稲田和明, 松林優一郎, 井之上直也, 乾健太郎. 効率的な推論処理のための日本語文の論理式変換に向けて. 言語処理学会第19回年次大会, pp608-611, March 2013.
  91. 島岡聖世, 山本風人, 乾健太郎. オートエンコーダにおける単語ベクトルの学習. 言語処理学会第19回年次大会, March 2013. デモ
  92. 大西真輝, 水野淳太, 福原裕一, 渡邉陽太郎, 乾健太郎. 文節間限定関係に基づく文間弱対立関係認識. 言語処理学会第19回年次大会, March 2013.
  93. Han-Cheol Cho, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui. Exploiting Dependency Context Gazetteers for Named Entity Recognition. 言語処理学会第19回年次大会, March 2013.
  94. 乾健太郎. ネット情報の信頼性分析を支援する言語処理技術. 情報処理学会 第75回全国大会, March 2013.
  95. 渡邉研斗, 鍋島啓太, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎. Twitterにおける誤情報の拡散収束過程の可視化. 情報処理学会 第75回全国大会予稿集 pp1-657ー1-658, March 2013. paper
  96. 鍋島啓太, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎. 訂正パターンに基づく誤情報の抽出と集約. 情報処理学会 第75回全国大会予稿集 pp2-179ー2-180, March 2013. paper
  97. 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎. マイクロブログユーザからの現地被災者抽出の技術的支援. 情報処理学会 第75回全国大会予稿集,pp1-523ー1-524 March 2013. paper
  98. 大和田裕亮, 岡崎直観, 乾健太郎, 石塚満. 返信・非公式リツイートで表明される論述関係の認識. 情報処理学会 第75回全国大会予稿集,pp2-171ー2-172 March 2013.
  99. 佐藤翔輔, 今村文彦, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎. 「被災者」ツィートに見る東日本大震災発生1週間の災害対応過程の分析. 平成24年度東北地域自然災害科学研究集会, December 2012.
  100. 成澤克麻,比戸将平, 海野裕也, 松井くにお, 鈴木隆一, 田代光輝, 丸山宏. NIFTY-Serveにおけるフォーラムデータの分析. 第5回知識共有コミュニティワークショップ論文集, November 2012. 論文 スライド
  101. Naoya Inoue, Kazeto Yamamoto, Yotaro Watanabe, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui. Online Large-margin Weight Learning for First-order Logic-based Abduction. In Proceedings of the 15th Information-Based Induction Sciences Workshop, pp. 143-150, November 2012.
  102. 山本風人, 井之上直也, 渡邉陽太郎, 岡崎直観, 乾健太郎. 重み付き仮説推論における部分的な正解仮説からの識別学習. NLP若手の会 第7回シンポジウム, September 2012.
  103. 鍋島啓太, 水野淳太, 渡邉陽太郎, 岡崎直観, 乾健太郎. 命題ネット構築にむけて. NLP若手の会 第7回シンポジウム, September 2012.
  104. 水野淳太, 隅田飛鳥, 乾健太郎. 単語間関係に基づく含意関係認識. NLP若手の会 第7回シンポジウム, September 2012.
  105. 杉浦純, 井之上直也, 乾健太郎. 談話関係認識への連想情報の応用. NLP若手の会 第7回シンポジウム, September 2012.
  106. 高瀬翔, 岡崎直観, 乾健太郎. 名詞カテゴリからの関係知識獲得に向けて. NLP若手の会 第7回シンポジウム, September 2012.
  107. Naoya Inoue and Kentaro Inui. Extending ILP-based Abductive Inference with Cutting Plane Inference. In IPSJ SIG Technical Reports, Vol. 2012-NL-208 (5), pp.1-8, September 2012.
  108. 渡邉陽太郎, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎. Natural Logicと条件付確率場の融合による構成的文間関係認識. 情報処理学会研究報告, Vol.2012-NL-208, September 2012. paper
  109. 山本風人, 井之上直也, 渡邊陽太郎, 岡崎直観, 乾健太郎. 誤差逆伝播を利用した重み付き仮説推論の教師あり学習. 情報処理学会研究報告, Vol.2012-NL-206, May 2012.
  110. 成澤克麻, 渡邉陽太郎, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎. 数量表現を伴う文における含意関係認識の課題分析. 言語処理学会第18回年次大会論文集, pp.1087-1090, March 2012. paper poster
  111. 岡崎直観, 成澤克麻, 乾健太郎. Web文書からの人の安全・危険に関わる情報の抽出. 言語処理学会第18回年次大会論文集, pp.895-898, March 2012. 論文
  112. 高松優, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎. 英作文支援のための用例検索システムの構築. 言語処理学会第18回年次大会論文集, pp.361-364, March 2012. paper slide
  113. 梅澤次郎, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎. 冠詞誤り訂正時における訂正根拠の提示. 言語処理学会第18回年次大会論文集, pp.353-356, March 2012. paper
  114. 渡邉陽太郎, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎. 隠れ変数を持つ識別モデルによる文間意味関係の学習. 言語処理学会第18回年次大会論文集, pp.1312-1315, March 2012. paper
  115. 高瀬翔, 岡崎直観, 乾健太郎. 意味カテゴリの階層関係を活用した集合拡張. 言語処理学会第18回年次大会論文集, pp.475-478, March 2012. paper
  116. 杉浦純, 井之上直也, 乾健太郎. 説明生成に基づく談話構造解析の課題分析. 言語処理学会第18回年次大会論文集, pp.115-118, March 2012. paper
  117. 井之上直也, 乾健太郎, Ekaterina Ovchinnikova, Jerry R. Hobbs. 大規模世界知識を用いた仮説推論による談話解析の課題と対策. 言語処理学会第18回年次大会論文集, pp.119-122, March 2012.
  118. 成田和弥, 水野淳太, 乾健太郎. 日本語事実性解析課題の経験的分析. 情報処理学会研究報告 第204回自然言語処理研究会, Vol.2011-NL-204 No.17, pp.1-8, November 2011. paper slides
  119. 成田和弥,乾健太郎.事実性解析のその後.機能表現・文末表現に関するワークショップ,October 2011. slides
  120. Kentaro Inui and Naoya Inoue. Scalable Abduction for Deep NLP. Workshop 'Perspectives on Processing Japanese', October 2011.
  121. 成田和弥, 水野淳太, 乾健太郎. 日本語事実性解析課題の経験的分析. NLP若手の会 第6回シンポジウム, September 2011. poster paper booster
  122. 杉浦純, 井之上直也, 乾健太郎. 大規模語彙知識を用いた仮説推論による文章理解モデルの構築に向けて. NLP若手の会 第6回シンポジウム, September 2011. poster
  123. Eric Nichols, Kentaro Inui. Evidence Evaluation Using Argument Schemes. NLP若手の会 第6回シンポジウム, September 2011.
  124. 水野淳太, 乾健太郎. 文間関係認識における意味的関係の分析. NLP若手の会 第6回シンポジウム, September 2011.
  125. Naoya Inoue and Kentaro Inui. An ILP Formulation of Abductive Inference for Discourse Interpretation. In IPSJ SIG Technical Reports, Vol. 2011-NL-203 (3), pp.1-13, September 2011.
  126. 岡嶋穣, 河合剛巨, 中澤聡, 村上浩司, 松吉俊, 水野淳太, エリック・ニコルズ, 渡邉陽太郎, 乾健太郎, 渋木英潔, 中野正寛, 宮崎林太郎, 石下円香, 森辰則. Web文書の時間・論理関係分析に基づく情報信頼性判断支援システムの開発と実証実験. 言語処理学会第17回年次大会, pp.53-56, March 2011.
  127. 川田拓也, 赤峯享, 河原大輔, 加藤義清, 乾健太郎, 黒橋禎夫, 木俵豊. 情報分析システムWISDOMのユーザ評価とその分析. 言語処理学会第17回年次大会. 2011.
  128. 赤峯享, 加藤義清, 川田拓也, レオン末松豊インティ, 河原大輔, 乾健太郎, 黒橋禎夫 . 大規模Web情報分析のための分析対象ページの段階的選択. 言語処理学会第17回年次大会. 2011.
  129. Eric Nichols, Junta Mizuno, Yotaro Watanabe, and Kentaro Inui. Toward Evidence Search. Proceedings of The Seventeenth Annual Meeting of the Association for Natural Language Processing, pp.880-883, March 2011. PDF
  130. 水野 淳太, Eric Nichols, 渡邉 陽太郎, 村上 浩司, 松吉 俊, 大木 環美, 乾 健太郎, 松本 裕治. 言論マップ生成技術の現状と課題. 言語処理学会第17回年次大会, pp.49-52, March 2011. PDF
  131. Naoya Inoue and Kentaro Inui. Toward Plan Recognition in Discourse Using Large-Scale Lexical Resources. Proceedings of The Seventeenth Annual Meeting of the Association for Natural Language Processing. 2011. PDF
  132. 大木 環美,村上 浩司,松吉 俊,水野 淳太,乾 健太郎,松本 裕治.文間の弱い対立関係の認識.情報処理学会研究報告 第199回自然言語処理研究会, Vol.2010-NL-199 No.7, pp.1-9, November 2010.
  133. Eric Nichols and Kentaro Inui. Toward Evidence Search. NLP若手の会 第5回シンポジウム, September 2010.
  134. 水野 淳太,増田 祥子,村上 浩司,渡邉 陽太郎,乾 健太郎.文間関係認識における局所構造アライメントの有効性.NLP若手の会 第5回シンポジウム, September 2010. PDF
  135. 井之上直也,乾健太郎.文章に潜在する書き手の心的状態の推定に向けて.NLP若手の会 第5回シンポジウム, September 2010. ポスター
  136. 加藤義清(情報通信研究機構), 乾健太郎, 黒橋禎夫(京都大学). 帰属文書数に基づくWebページ情報発信者の専門性分析.情報処理学会情報基礎とアクセス技術研究会, Vol.2010-IFAT-99, No.3, pp.1-6, July 2010.(情報処理学会山下記念研究賞) paper (ipsj)
  137. 水野淳太, 後藤隼人, 渡邉陽太郎, 村上浩司, 乾健太郎,松本裕治. 文間関係認識のための局所構造アライメント, 情報処理学会研究報告 第196回自然言語処理研究会, Vol.2010-NL-196 No.16, pp.1-8, May 2010. paper (ipsj)
  138. 井之上直也, 飯田龍, 乾健太郎, 松本裕治. 日本語文章における直接照応及び間接照応の統合的解析. 情報処理学会第72回全国大会講演論文集, pp.2-541-542, March 2010. paper (CiNii)
  139. 村上浩司, 水野淳太, 後藤隼人, 大木環美, 松吉俊, 乾健太郎, 松本裕治.文間意味的関係認識による言論マップ生成.言語処理学会第16回年次大会論文集, pp.559-562, March 2010. paper
  140. 大木環美, 村上浩司, 水野淳太, 増田祥子, 乾健太郎, 松本裕治.文間の限定関係認識:課題設計および分析と予備実験.言語処理学会第16回年次大会論文集, pp.788-791, March 2010. paper
  141. 後藤隼人, 水野淳太, 村上浩司, 乾健太郎, 松本裕治.文間関係認識のための構造的アライメント.言語処理学会第16回年次大会論文集, pp.848-851, March 2010. pdf
  142. 江口萌, 松吉俊, 佐尾ちとせ, 乾健太郎, 松本裕治.モダリティ、真偽情報、価値情報を統合した拡張モダリティ解析.言語処理学会第16回年次大会論文集, pp.852-855, March 2010. (若手奨励賞) pdf slide
  143. 加藤義清, 河原大輔, 乾健太郎, 黒橋禎夫. Web ページの情報発信構成の同定, 言語処理学会第16回年次大会論文集, pp.90-93, March 2010. paper
  144. 河原大輔, 乾健太郎, 黒橋禎夫. Web 情報の俯瞰的把握のための主要・対比・対立文の抽出と集約. 言語処理学会第16回年次大会論文集, pp.134-137, March 2010. paper
  145. 赤峯享, 加藤義清, 河原大輔, レオン末松豊インティ, 新里圭司, 乾健太郎, 黒橋禎夫, 木俵豊. Web情報分析のための大規模Webページの収集・選択・検索.言語処理学会第16回年次大会論文集, pp.238-241, March 2010. paper

メディア報道 / Media reports

  1. マイナビニュース「富士通研究所、窓口対応業務向けにAIよる自律的対話技術開発」(2016年5月16日)
  2. The Japan Times, Hitachi dubs new data-mining software ‘artificial intelligence’, July 23 2015.
  3. 日刊工業新聞「日立、論理的な対話可能な人工知能の基礎技術を開発」(2015年7月23日)
  4. 日経コンピュータ「日立製作所、大量のニュース記事から賛否の根拠を抽出できるAI技術を開発˚」(2015年7月23日)
  5. TBS「別冊あさ秘ジャーナル」(2014年12月22日)
  6. 朝日新聞「ネット版「第一声」、大半は告知 衆院選のツイート分析」(2014年12月3日)
  7. 朝日新聞「W杯、動くチャートでツイート分析 ギリシャ戦の声援は」(2014年6月20日)
  8. 朝日新聞「2014ワールドカップ 日本戦ツイート分析」(2014年6月15日,6月20日,6月25日)
  9. NHK「NHKスペシャル 震災ビッグデータ File.2「復興の壁 未来への鍵」」(2013年9月8日)
  10. 東京新聞「反論伝えるシステムを」(2013年8月1日)
  11. 朝日新聞「つながる力 次こそ真価」(2013年7月26日)
  12. 朝日新聞「ネット選挙リアルな一歩」(2013年7月22日)
  13. 朝日新聞「611万もう一つの民意」「賛成か反対か 小さい声も拾える社会に」(2013年7月3日)
  14. 朝日新聞「震災ツイート昨年より2割増」(2013年3月13日)
  15. 産経新聞「被災者ニーズ 瞬時に把握」(2013年1月7日)
  16. NHK NEWSWeb「ツイッター「次」に生かすには “善意のデマ拡散”にどう対処する」(2012年11月1日)

特許 / Patents

  1. 井之上直也, 奥野英一, 安部克則, 近藤敏之, 栗谷康隆, 乾健太郎. 危険予測装置、運転支援システム. 特願2014-220329,
  2. 危機対応マネジメント装置,上江洲愛,小阪尚子,爰川知宏,種茂文之,乾健太郎,山口健史, 特願2016-171485.

その他 / Miscellanea

  1. 乾健太郎. 文章の「行間」を読むコンピュータの実現を目指して. 日立ソリューションズ東日本技術報告書, 巻頭言, pp. 1-4, November 2016. PDF
  2. 乾健太郎. 未解決問題の正体. 自然言語処理, Vol.23, No.1, 巻頭言, January 2016. PDF
  3. 乾健太郎. 情報処理学会論文誌の今とこれから. 情報処理学会, 理事からのメッセージ, 2014年11月10日.

Last-modified: 2017-02-16 (Thu) 00:08:56 (3d)
© Inui-Okazaki Laboratory 2010-2015 All rights reserved.
Recent Changes
2017-02-19 2017-02-18 2017-02-17 2017-02-16 2017-02-15 2017-02-14 2017-02-13 2017-02-12 2017-02-11 2017-02-10 2017-02-09 2017-02-08 2017-02-06 2017-02-05 2017-02-03 2017-02-02 2017-02-01 2017-01-31 2017-01-30 2017-01-29 2017-01-28 2017-01-27 2017-01-26 2017-01-25 2017-01-24 2017-01-23 2017-01-22 2017-01-21 2017-01-20 2017-01-19 2017-01-18 2017-01-17
  • Publications
2017-01-16 2017-01-15 2017-01-14 2017-01-13 2017-01-12 2017-01-11 2017-01-10 2017-01-09 2017-01-08 2017-01-07 2017-01-06 2017-01-05 2017-01-04 2017-01-03 2017-01-02 2017-01-01
  • Publications
2016-12-31
  • Publications
2016-12-26 2016-12-25 2016-12-22 2016-12-21 2016-12-20 2016-12-19 2016-12-18 2016-12-10 2016-12-09 2016-12-08 2016-12-07 2016-12-06 2016-12-05 2016-12-03 2016-12-02 2016-12-01 2016-11-30 2016-11-28 2016-11-27 2016-11-25 2016-11-24 2016-11-22 2016-11-21 2016-11-20 2016-11-18 2016-11-17 2016-11-16 2016-11-15 2016-11-14 2016-11-13 2016-11-12
  • Publications
2016-11-11 2016-11-10 2016-11-09 2016-11-08 2016-11-07